PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 15日

出世観音~養老山立國寺~

養老渓谷を一周したついでに(と言ってもまだまだ観ていない所が多いのだが)、大抵の観光客がわざわざ苦労して登ってお参りする「養老山聖天院立國寺」通称「出世観音」へ立寄った。

この寺は、800年ほど前に源頼朝公が「再起をかけ祈願」したところといわれ、「開運招福」の観音様として、また「祈祷の名刹」として多くの人たちが参詣に訪れると案内書にある。
養老川にかかる朱塗りの太鼓橋を渡ると石段があり、本堂まで200mの急坂で結構しんどい。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
e0132243_20333464.jpg

境内には寺の飼い猫が数匹遊んでいた。
e0132243_20344973.jpg


寺を下りてから、更に養老川上流に向かった折に見かけた無名の滝。
滝の付近に遊歩道はできているが、途中案内板もなくこの日も無人であった。
e0132243_20382136.jpg
e0132243_20383111.jpg
e0132243_20384541.jpg
e0132243_20385431.jpg


養老渓谷の見所はまだあるのだが、今度は紅葉の時期にまたご紹介したい。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2009-05-15 20:41 | 寺社 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://iga1008.exblog.jp/tb/10246561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チルダ at 2009-05-15 22:00 x
岐阜県の養老の滝には滝に纏わる話もありますが、養老渓谷も何か云われがあるんですか?  
秋の紅葉も是非見たいですね。
Commented by みあお at 2009-05-16 19:02 x
滝の音が聞こえそうです。
    落ちる様 清らかな流れに差し込む日差し 映り込みの素晴らしさ
本当に上手く表現出来ないのが残念です。

紅葉の時期と比べてみたいです!是非撮って下さいね。
Commented by iga1008 at 2009-05-16 22:14
チルダさん、こんばんわ。
元々の命名は「養老川」が起源とされています。
そして、その川の名前の「養老」の由来はWikipediaに取り上げられていますので、ご紹介しておきますね。
「一説にひざの裏を表す古語の「膕(よほろ)」という言葉が、屈曲の多い川の様子を表したと言われている。現在の「養老」という字が当てられたのは江戸時代以降で、それ以前は「用路川」や「勇露川」という字が、さらに以前には「与保呂」が当てられていた。」

Commented by iga1008 at 2009-05-16 22:21
みあおさん、こんばんわ。
ほんとうにいつも暖かい応援のお言葉、ありがとうございます。
またやる気がでてきたような気がします。
紅葉の時季は今年こそと思っています。


<< 南房総の花を撮る      光と陰の風景 >>