PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 07日

煉瓦塀のある道~東京都新宿区戸山~

新宿区戸山にある「学習院女子大」の北門の煉瓦塀の佇まいが好きである。
その空気感といった、柔らかな雰囲気に心が落ち着く。

早稲田通りを「穴八幡宮」から曲がって、諏訪通りへ続く道すがらにあるここは、戦前「近衛騎兵連隊」の兵舎のあったところである。
爆撃にも焼け残った一部の煉瓦建築が、そのまま今も女子大の校舎として使用されている。
赤レンガでできたこの建物は、東京駅の北口の建築と同時期(1914)であるようだ。

ただし、この煉瓦塀が以前からあったものかは定かではない。
爆撃で破壊された部分の建物の赤レンガを流用したものかもしれない・・。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6+MINOLTA AF 100-300mm F4.5-5.6 APO
e0132243_2051922.jpg


学習院女子大学のシンボルとも言える正門(鉄門)。
明治時代の建造で、前身の「学習院・女学部」の正門でもあったが、戸山に移転と同時にこの門も移された。
1973年に国の重要文化財に指定。
e0132243_20595371.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2009-10-07 21:00 | 建物・街並み


<< 台風一過の海を撮る      野見宿祢(のみのすくね)神社~... >>