PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 30日

夜の日本庭園を撮る~箱根小涌園貴賓館~

現在の藤田観光グループの発祥の地という「箱根小涌園貴賓館」。
もともと、創始者藤田伝三郎の子息藤田平太郎男爵の別荘として大正7年に建築されたものであるが、その後旅館として開放、現在の小涌園の基となった。
設計監督は、京都「明治宮殿」の建設でも知られる名工・今井平七。

その後、平成13年に「国登録有形文化財建造物」に指定され、現在は一部を「茶寮・椿山荘」として開放している。
京都から庭師を呼んで造られたと云われる「日本庭園」も、夜間はライトアップされて綺麗である。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
庭園入り口にある「梅の木」。すでに咲いている花もある。
e0132243_22395453.jpg

e0132243_2243751.jpg

e0132243_22443584.jpg

紅葉もまだあった。
e0132243_22432857.jpg
e0132243_22433825.jpg

翌朝に「貴賓館」を撮った。
窓ガラスは職人の手で一枚一枚丹精を込めて造られた「手透きガラス」で、波打ちが楽しい。
e0132243_22482042.jpg
e0132243_22482928.jpg
e0132243_22483991.jpg
e0132243_2248471.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2009-12-30 22:48 | 建物・街並み


<< 立佞武多(たちねぶた)の館~青...      青い空と白い雲 >>