PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 22日

夜明け前の空に

最近、近くに新しいコンビニができた。
歩いて2~3分程の距離なので、夜間のデスクワークの友である「煙草」の買出しにはもってこいである。(笑)

しかし、別の楽しみもある。
夜の空を眺めて明日の天気を予想したり、時には明るい月も撮ったりしているのだ。

そんな習慣がつき始めてから、興味を持ったことがある。
時として「雲が赤みがかっている」のだ。

地方都市とはいえど千葉も、夜のネオンは少なからず華やかなわけで、多分それが夜の曇り空に反射しているのでは?と勝手に判断していた。
ところが、深夜0時を過ぎてもその色合いが変化しないことに最近気付いたのである。

近来の異常気象と関連があるのかは不明だが、余り話題にならないのは特に珍しい現象ではないのであろう。

昨夜もそんな雲であった。
たまたま、今朝は早起きしたので、広いところまで出かけて空の色合いを撮ってみた。
空が少し明るくなってき始めた頃のものである。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
南西側の空。AM4:30 因みに日の出とは反対側である。
e0132243_21332733.jpg

北東側の空。AM4:40 本来ならばこの右手から日が昇る。
e0132243_21361629.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-04-22 21:38 | 風景


<< パノラマ加工      桜も終わって~千葉市若葉区・泉... >>