PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 23日

地上の星

最近は「尖閣諸島」問題で色々騒がしいが、中国の若者のバイタリティには羨望を感じている。
かの「文化大革命」も原動力はみなそのような若者たちであったのであろう。

翻ってわが国はというと、「北方領土」に関連して根室沖でのカニ漁船のロシアによる拿捕にも、若者はおろか大多数の国民も無関心である。
もちろん、ロシア大使館へのデモなどあり得ない。

外交に関する日本の首相はというと、恒例の「バラマキ外交」をすることのみのように思う。
個人的な感想として近年で記憶に残るものは、小泉首相の「北朝鮮訪問」により拉致問題の突破口を開いたことくらいであろうか。

いずれにせよ、この問題を含め「外交のビジョン」を聞かせてもらいたいものだ。
旧来の「なあなあ外交」は最早通用する時代ではないと思うのだが。

PENTAX K200D / DA16-45mm F4 DA AL
e0132243_20243567.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-09-23 20:24 | 風景 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://iga1008.exblog.jp/tb/13277562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by childe08372 at 2010-09-24 07:09
喫緊の課題として現在緊迫度が高まってきている「尖閣列島」の問題がありますが、今日のニュースでは、中国国内で4名の日本人が拘束されたとのこと。これも、事件は繋がっているのではないかと疑ってしまいます。それでも国内から声が上がってこないのは何故なんでしょうね。 イチローは200本安打して10年連続の記録を作ったようで喜ばしいことですが、一方、相撲界での69連勝記録が来場所で破られるのではないかと思うと日本の行く末が案じられます。
Commented by かのん at 2010-09-24 14:38 x
この問題には国民性を感じますね。
話し合いが出来ないものなのかと歯がゆくなります。

黄昏のお写真には寂しさを感じますけど、地上の星には夢を感じます。
お写真とタイトルがぴったりで素晴らしいですね。
Commented at 2010-09-24 14:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iga1008 at 2010-09-24 23:36
childeさん、こんばんわ。
本当に、最近の我が国は心配ですよね。
写真に専念して気晴らししなくては(笑)
Commented by iga1008 at 2010-09-24 23:38
かのんさん、こんばんわ。
タイトルをお褒めいただけるなんて感激です。
お暇なときにたまに見てくださいね。
政治がらみはたま~にです。(笑)


<< 葉隠れ      黄昏て・・ >>