PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 07日

日本橋

秋葉原から歩いて東京駅までたどる途中で日本橋を撮ってみた。

いままで何度となく通り過ぎてきているが、カメラ目的で立ち寄りしたのは初めてである。

橋自体は高架の下となっており、撮影にもあまり意欲がわかなかったけれど、随所にある塑像がとても迫力があって楽しい。

◎「日本橋」-お江戸日本橋と謳われるとおり東海道五十三次の始発とされる橋。現在の橋は本来の木造橋を石造りとして明治44(1911)年に完成したもの。
(平成11(1999)年には国の重要文化財にも指定)
麒麟や獅子といった装飾はブロンズ製であり、彫刻家の渡辺長男(朝倉文夫の兄)が製作した。


SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD
麒麟(きりん)像。もちろん架空の動物である。
e0132243_16593472.jpg

e0132243_16592667.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-10-07 17:00 | 建物・街並み


<< 鹿島神宮~茨城県鹿嶋市~      秋葉原 >>