PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 14日

沖縄の基地について

SONY NEX-5 / E16mm F2.8+E18-55mm F3.5-5.6 OSS
琉球ガラスのコップ
e0132243_15545372.jpg


今回の沖縄旅行はやはりツァーという制約の中で、自由にあちこち動きまわることができなかったが、バスの中から伺い見る「米軍基地」はかなり多く、沖縄本島全体に散在する基地の面積は本島の約18%を占めているようだ。

騒音問題で知られる「嘉手納飛行場」周辺は、地図で見るとまさに大きな基地のなかに包まれた地帯で、人の住む場所ではないと思ってしまう。この土地割りはどのように区画されたのであろうと疑問を持ってしまった。
添乗員の女性(東京出身沖縄在住)から聞くところによると、知人宅へ訪問したがまるで会話ができなかったということであるが、これも理解できる土地である。

また、「Yナンバー」と呼ばれる米軍関係者の車も多く見かけた、
聞くところによると、もし住民がこのナンバーの車と事故でも起こそうものなら、その処理は沖縄の警察と米軍のMPの双方の調書が必要となるとのこと。結果は「泣き寝入り」を覚悟しなくてはならないことが大多数らしい。これは大変不思議であるが、いわゆる「治外法権」という扱いなのか?

などなど、観光客の我々の知らないところで「沖縄=基地問題」は深刻なものと感じた次第である。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-12-14 16:42 | 建物・街並み


<< MONOCHROME      沖縄のホテル >>