PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 09日

和風家屋

京都の「町屋」が海外の観光客に人気のようだ。

いまさらであるが、取り壊されつつあった古民家を保存しようとする草の根レベルの活動に行政側も参加しつつあるようである。
かさねて云うが、「いまさらに・・」である。

数回、京都へ出向いていて、歴史的建築がほとんど観光目玉的なもの以外は消滅しつつあるように感じている。これは東京もしかりではあるのだが、古きよき日本を保存するのには、なによりも街並みの雰囲気だろうと思う。回りが近代的なビル群のなかに、ぽつりと「歴史的建造物」が残されているというケースが多すぎるのではないか。

これは写真を撮る側の失望感だけなのであろうか。
海外、とくに西欧の街並み保存の例にあるように、これは国家レベルの問題なのだと痛感する次第である。

SONY α65 / Vario-Sonner T*DT16-80mm F3.5-4.5 ZA
e0132243_16313735.jpg
e0132243_16315130.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-06-09 16:31 | 建物・街並み


<< 「語り」というアート      ちょっと海へ >>