PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 26日

手持ち夜景で撮る

カメラ片手に散歩しているとやはり三脚は邪魔になる。
SONY機はこの機能の先駆者的存在であるが、最近は各社の一眼レフにも採用されている「手持ち夜景モード」は便利である。
異なるISO感度で6枚程度を連写して、カメラが自動合成する機能である。

一度、三脚使用での夜景と較べてみたが、仕上がりのノイズが少ないことやラティチュードの広さはどうもこの「手持ち夜景」に軍配が上がるようだ。
夜景撮影で「月」が入る場合など、低ISOでの撮影では「月」が動いてしまうし、高感度ではノイズが気になるなどの対策には便利なようだ。もっとも、この作例のようなシチュエーションでも「モノレール」自体を撮り入れる場合は「手持ち夜景」でも厳しい。

「デジカメウォッチ」でも詳しく比較したページがあったので、ご興味のあるかたはご参照いただきたい。

SONY α77 / SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC HSM
e0132243_1042614.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-10-26 10:39 | 建物・街並み


<< 昨日の日光~紅葉模様~      路傍の花 >>