PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 27日

萩の旅①~山口県萩市~

幕末の歴史小説には必ずと言って良いほど登場する萩の町。

慶長9年(1604)、関ヶ原の合戦の後、毛利輝元卿(毛利元就の孫)が防長二州36万石の居城として萩城を築城し、明治維新に至るまでの約260年間にわたって、萩は防長二州の中心として栄えたようである。(防長二州とは周防(すおう)と長州の両国、現在では山口県全域を指す)

今回私も初めて訪れてみたわけであるが、萩焼などでも有名なこの町は港町でもあったのには少し驚いた。また、萩市が日本海に流れ込む2本の川(橋本川と松本川)に挟まれた中洲(三角洲)に位置していることも知った。

焼き物にはあまり関心のない私は、とにかくも古い町並みを期待して訪れたのである。
今日は「城下町」で撮った写真から・・。

萩市観光地図
e0132243_20405562.jpg

SONY α55 / SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC HSM
城下町を歩く
e0132243_20421886.jpg
e0132243_20422849.jpg
e0132243_20423895.jpg
e0132243_2123067.jpg

藩の豪商「菊屋」の邸宅。
e0132243_20432795.jpg

「菊屋通」と名付けられた横丁は日本の道百選に選ばれている
e0132243_20472419.jpg

このほかに「江戸屋」「伊勢屋」などの邸宅が保存されているが、ここは「旧久保田家住宅」の内部。
e0132243_20531436.jpg
e0132243_20532470.jpg

格子越しに向かいの「菊屋」が見えている
e0132243_216167.jpg

藩士たちの収入の一助となっていた「夏みかん」も、まだ実をつけ続けていた
e0132243_2057052.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-12-27 20:59 | 建物・街並み | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iga1008.exblog.jp/tb/21500868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tiny0505 at 2013-12-29 10:38
本当に古い家を守って行くのは大変なことだと思います。
タイムスリップした素敵な町ですね。
蔵作りの家や久保田家などは新しい感じがしますが・・・
Commented by iga1008 at 2013-12-31 13:18
旧建築の維持は大変なことでしょうね。
でも最近は過去に憧れる人たちが多くなっているので、観光客が増えることを期待しましょう。
写真の菊屋邸は江戸時代のもので、久保田邸は明治の改築のものを手直ししながら維持しているようですよ。


<< 萩の旅②~山口県萩市~      クリスマスムードで >>