PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 04日

「ハウステンボス」ってどんなとこ?

昨日の暖かさとは打って変わって、千葉も今まさに雪かも?というほどの寒さである。
小雨状態なのでいつ雪になってもおかしくはない。

さて、遅ればせながらやる気がでたときのみの現像で進んできた今回の長崎風景であるが、今日は「ハウステンボス」編。

表題の通り、私の中では「ハウステンボスってどんなとこ?」程度の知識しかなく、オランダ風の街並みが日本へ移設された観光地だとの認識であった。

しかし、ガイドによるとここは「日本の三大テーマパーク」の一つであるとのこと。あとの二つは「デイズニーリゾート」「ユニバーサルスタジオ」だそうであるが、まさかここも入場料が必要だとは知らなかった。(笑)

今回は季節柄か、入場者も少なめで多少寂しい景観であったが、それなりにオランダの市街の雰囲気を味わわせてもらえたのではないかと思う。(といっても、私はオランダは行ったことがないが・・。)
だが、店舗は少なくまた日本人の運営が主体で、海外旅行の醍醐味でもある異人種との対話も望めない、まさに遊園地なのだと感じた次第である。

因みに、ハウステンボスとは"Huis Ten Bosch"オランダ語で「森の家」というのだそうな。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「ハウステンボス」ウェルカムゲート
e0132243_13442219.jpg
e0132243_13443191.jpg

入場券売り場。右手の細い入り口から「入国」する。
e0132243_1345840.jpg

内部から入り口を見る。
e0132243_13472287.jpg

「入国」してすぐにこんな風景に出会う。一気に異国的雰囲気である。因みに左手の建物群は分譲別荘地となっていて「パーク」とは切り離されている。しかし、借景としてかなり効果的だ。
e0132243_13495939.jpg

「フラワーロード」~花と風車の道~
e0132243_13543459.jpg
e0132243_13544930.jpg

e0132243_13553595.jpg

このゲートをくぐると市街地である。
e0132243_13582829.jpg

e0132243_13583934.jpg

水路に面した通りはどことなく殺風景だが石畳が楽しい。
e0132243_140372.jpg

このパークの象徴的なタワー「ドルムートン」はランドマーク的役割を果たしている。
e0132243_142081.jpg

船で一巡りも楽しいかも・・。
e0132243_1435450.jpg

馬車は結構人気のようだ。
e0132243_1442569.jpg

こんなカフェもあった。
e0132243_1444669.jpg

こちらは「ハーバータウン」。ヨットハーバーでもある。
17世紀に日本に漂着した帆船を復元保存したという「デリーフデ号」はなかなか目立つ。
e0132243_14102064.jpg

市街地はバスも運行している。
e0132243_14111131.jpg

ここは「フォレストヴィラ」~静かな森とヴィラ群~
e0132243_14125436.jpg
e0132243_1413239.jpg


と、急ぎ足で一巡りした次第である。
次回は「イルミネーション」を・・・。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-02-04 14:15 | 建物・街並み


<< 「光の王国」~ハウステンボス~      平戸のホテル >>