PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 18日

北の国便り④~オーロラ号~

今この記事を書きながら、横目でTVを見ていると網走もかなり吹雪いているようだ。
気象情報の気温を見ると-6℃となっているが、体感温度はかなり異なるであろう。

雪国では、雪の降っているときよりも降っていないときのほうが寒い。
風がなければ、降雪時の気温はほぼ0℃である。雪が止み、日差しがなければマイナスに下がるのが冬の北国の常だ。
そんなせいもあってか、われわれ雪国出身者は「雪は暖かい」と言うのであるが、風があれば話は別だ。北国特有のサラサラ雪は風に舞い上がり、気温は一気に下がる。肌にささるような感があるのだ。

この日、私が訪れた2/12の網走は、日差しも暖かく流氷は沿岸部から離れて沖合に遠ざかっていた。風は少し強くて、そのせいか気温はやはり-6℃であった。だが、流氷日和ではない。(笑)
やはり-10℃以下が理想であろう。

沿岸から遠ざかった流氷を見物する手段として、網走では流氷観光船「オーロラ号」がある。冬の間、海へ乗り出すにはこの船に頼るほかない。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「オーロラ号」
e0132243_22583681.jpg

港には氷はほとんど見えない。
e0132243_18434974.jpg

4~5分程度進むと、薄氷が現れる。
e0132243_18445181.jpg

さらに沖合へ。
e0132243_1845218.jpg

ここはもう流氷群の中だ。かなり寒い。
e0132243_1846340.jpg

氷はこんな感じ。それほど厚くはない。
e0132243_18464768.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-02-18 18:47 | 風景


<< 北の国便り⑤~ガリンコ号~      北の国便り③~流氷~ >>