PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 19日

北の国便り⑤~ガリンコ号~

網走の流氷見物を終えて、翌日はさらに陸路をオホーツク沿岸沿いに北上、紋別市へ向かった。

現在、北海道で流氷観光船として就航しているのは網走の「オーロラ号」2隻と紋別の「ガリンコ号」1隻のみである。

もともと砕氷船を観光用として就航させたのは「ガリンコ号Ⅰ」(1987年2月)が最初で、これは三井造船がアラスカ油田開発のために建造した船を観光用に改造したものであったようだ。
現在は2代目の「ガリンコ号Ⅱ」であり、初代の船は港に展示されている。

両者の違いは、「オーロラ号」が氷の上に乗り上げて船自体の重量で砕きながら進むのに対し、「ガリンコ号」は船首側に設けられた巨大な螺旋ネジの形をしたスクリューを回して氷を砕きながら進むということである。これは、アルキメデスの「ネジの原理」から発案されたもので「アルキメディアン・スクリュー」と名付けられている。( 「ネジを回すと前へ進む」・・そういえばそんな原理もあったような? )
当然、「ガリンコ号」のほうはかなりの音がしているがなかなか迫力がある。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「ガリンコ号Ⅱ」
e0132243_212692.jpg

流氷のある沖合から紋別港を望む
e0132243_2125286.jpg

e0132243_21344162.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-02-19 21:08 | 風景


<< 北の国便り⑥~月暈(げつうん)~      北の国便り④~オーロラ号~ >>