PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 23日

新雪の隠れた脅威

雪国生まれの私にとっては、新雪はとても美しく柔らかい。

ウサギやキツネの足跡などを観察しながら新雪を踏み分ける楽しみは、雪国の子供たちの特権である。

だが、今回の山梨などの豪雪はなんと腰まで沈むほどの高さとなったようだ。

体験上、そこまでの降り積んだ新雪は恐ろしい。
前へ進もうにも、軽いはずの新雪はかなりの抵抗がある。もう、10歩も進むことができなくなるだろう。
倒れこめば、起き上がるにも苦労するはずである。

一番怖いのは、新雪の下になにがあるか分からない時である。

恥ずかしいので今まで内緒にしていたが、かくいう私ははるか昔のガキの頃に、新雪を踏み分けしてあそんでいて、肥溜めに落ちたことがある。重ねて言うが・・・はるか昔のことである。(笑)

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
e0132243_235824100.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-02-23 23:59 | 風景


<< 雪の夜      残る寒気 >>