PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 06日

2014年桜便り~身延山・久遠寺②~

e0132243_20582961.jpg

身延山・久遠寺は境内の「しだれ桜」が有名であるが、実は他にもたくさんの桜が咲いている。
(....というか、他のほうが桜の木が圧倒的に多い。)

特に、「西谷地区」と呼ばれる「北之坊」を始めとする塔頭(たっちゅう)群のある一帯には見事なしだれ桜など数多くの桜が満開であった。
カメラマン諸氏はこれをよくご存知のようで、この地区は一眼を首から下げ三脚を担いだ方々に多数出会った。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「西谷地区」へ行くために、「三門」から入らず左の道へ・・。
三門脇にある塔頭「定林坊」と桜。
e0132243_1946763.jpg

坂道沿いに塔頭と桜が続く。
e0132243_19583986.jpg
e0132243_19585099.jpg
e0132243_19591812.jpg

さすがに桜の名所だけあって、三脚を担いだカメラマンからアマチュアまでずいぶん大勢が来ていた。
e0132243_19592811.jpg


さて、この道を進むと「身延山ロープウェイ」の入り口となる。そして、そこは本堂の裏手にあたり、287段の「菩提梯(ぼだいてい)」を上らずにたどり着ける訳である。(ご利益があるかどうかは不明(笑))
e0132243_2075783.jpg

ロープウェイ山頂・「奥之院思親閣」から望む富士の頂。
e0132243_20163452.jpg

帰りのロープウェイから「西谷地区」を観る。
e0132243_20172088.jpg


さて、ロープウェイの終点は「本堂」境内と繋がっているが、帰りくらいは「菩提梯」を下らなければと意気込みつつ段上へ。
e0132243_2019598.jpg

「菩提梯」は南無妙法蓮華経になぞらえて7区画に分割されているので、287段の7分の一下る毎に小休止できるわけだが、写真で分かるように上から見ても3区画程度しか見えず参道は遥か下である。そして勾配はかなり急だ。皆、手すりにしがみつきながら下りている。
ここは大事をとって階段脇から「男坂」を下ることとした。(笑)
それでも結構急坂だ。
e0132243_20295576.jpg


充分「桜」は堪能させていただいたので、帰りはバスで身延駅へ。
ここはポストにまで桜がある。
e0132243_20303574.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-06 20:31 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iga1008.exblog.jp/tb/21864344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2014年桜便り~東京都・井之...      2014年桜便り~身延山・久遠寺①~ >>