PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 20日

四国の旅~香川県・「金丸座」~

「こんぴらさん」で親しまれている、香川県の「金刀比羅宮」を久し振りで訪れた。

遥か昔に修学旅行で訪れて以来であるが、あまりに時代が過ぎていたため懐かしさもなにも感じられず、観るものすべてが新鮮であった。
色々と改修もされていたからであろうが、なんとも物寂しい感がした。

だが、この「金丸座」はほんとうに初めてであり、「金刀比羅宮」もそっちのけで見学に時間を費やしてしまった。

「金丸座」(「旧金毘羅大芝居」)-香川県仲多度郡琴平町-は天保6年(1835)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋である。(国指定重要文化財)

昭和60年から「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が開催されるようになり、いちやく全国的にも有名となった。現在でも春に年一回の定期公演が開催されている。

SONY α550 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
金刀比羅宮参道に平成五年のポスターが貼ってあった。
e0132243_21415870.jpg

正面
e0132243_21422185.jpg

花道から舞台を
e0132243_21425336.jpg

客席から
e0132243_21431145.jpg

こんどは舞台から客席を
e0132243_21433185.jpg

舞台の袖から
e0132243_21442031.jpg

舞台の地下、いわゆる「奈落」である。
e0132243_21451889.jpg

下足札を撮ってみた
e0132243_21454575.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-07-20 21:46 | 建物・街並み


<< 四国の旅~徳島県・鳴門海峡を観る~      四国の旅~高知県・高知城~ >>