PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 03日

古寺探訪~奈良篇⑧~「法隆寺」(雑記)

最後に「法隆寺」雑記を加えたい。

「法隆寺」には「七不思議伝説」がある。

 ①法隆寺にはクモが巣をかけない
 ②南大門の前に鯛石とよばれる大きな石がある
 ③五重塔の上に鎌がささっている
 ④不思議な伏蔵がある
 ⑤法隆寺の蛙には片目がない
 ⑥夢殿の礼盤(僧侶の坐る台)の下に汗をかいている
 ⑦雨だれが穴をあけるべき地面に穴があかない

というのだそうな。これはずいぶん古くからあるそうで、一説には江戸時代からとのことである。

このうち、拝観時にわれわれの目にみえるものだけ撮影してみた。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「南大門」の前の「鯛石」
e0132243_17283187.jpg

「五重塔」相輪に鎌がささっている。(赤丸の部分)
e0132243_17593175.jpg


まあ、いまではそれぞれにそれらしい解釈がされているようであるから詳しく書かないが、ただ私がなんとも不思議だと思ったのは別にあって、金堂と五重塔の前にある「礼拝石」というものである。
e0132243_17351019.jpg
e0132243_17351815.jpg

なんでも、僧侶たちが礼拝するのにこの場所からとする位置であるという。
「怨霊封じ」という「中門」の位置づけを考えると、これ以上近付くと危険という場所だったのではないか?と思ってしまう。

あと、これは他寺の裳階(もこし)構造の建物にもみられるので、怨霊説とは関係がないが、五重塔1階部分の「隅鬼」(「邪鬼」(あまのじゃく)ともいう)を撮ってみた。これは東西南北に各1体ある。
e0132243_1748521.jpg

おなじ「五重塔」最上層にある彫刻支柱も一風変わっていて面白い。
e0132243_17495375.jpg


以上で「法隆寺」から退散するとしよう。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-10-03 17:52 | 寺社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iga1008.exblog.jp/tb/22441386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kabu360 at 2014-10-08 06:45
礼拝石
適当に置いてある訳では無いのですね!天邪鬼さんも
方角とか決まってあるのでしょうかね(^.^)
Commented by iga1008 at 2014-10-08 22:56
kabuさん、こんばんわ。
天邪鬼(邪鬼)は面白いですよね。
今回の寺めぐりの旅をするまでは、まるで知りませんでした。
京都・岩船寺「三重塔」の天邪鬼は重要文化財になっているようです。


<< 古寺探訪~奈良篇⑨~「法起寺」      古寺探訪~奈良篇⑧~「法隆寺」(3) >>