PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 30日

京都駅ビル

e0132243_18405222.jpg

京都へ来て予想外の収穫だったのは、京都駅ビルである。
そのダイナミックな建築様式に圧倒された。

原広司氏(他に札幌ドームなどがある)の設計による、地上16階・地下3階建ての複合ビルである。
日本の鉄道駅舎としては異例の国際指名コンペで安藤忠雄・黒川紀章・海外著名建築家達を抜いて採用されたこの設計は、第40回建築業協会賞受賞、2001年度ブルネイ賞建築部門激励賞等に輝く。

中央コンコースに立つと、遥か上空にガラス屋根が見える。使用したガラスの総数は4000枚とか。その高さは地上 50m である。

この吹き抜けから東西に階段が設けられ、西側では伊勢丹の1Fから11F、更に屋上まで連なっている。段数171段はエスカレーターも併設されているため苦ではない。
催事の時にはこの階段が椅子代わりにもなるようである。

1Fから見上げると、まさに谷底にいるようなそんな錯覚にとらわれる。
そう、ここは巨大な谷間の構造なのである。
(映画「ガメラ3 邪神覚醒」ではガメラとイリスの決戦の舞台とされたそうである。私はまだ見ていないが。(笑))

<資料参照:Wikipedia/その他>

CANON PowerShot G9
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
1Fより西側屋上を見る
e0132243_1842034.jpg

2Fよりの眺め
e0132243_18424318.jpg
e0132243_15554196.jpg

3Fよりの眺め
e0132243_18432326.jpg
e0132243_18451848.jpg

屋上庭園から
e0132243_1846645.jpg
e0132243_18461858.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-10-30 18:46 | 建物・街並み


<< モノクロで撮る      鞍馬寺 >>