PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 14日

瓦屋根を撮る

PENTAX K10D / TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiⅡ
e0132243_19534433.jpg
PENTAX K10D / DA16-45mm F4 DA AL
e0132243_2021415.jpg

以前の日記にも書いたと思うが、昔から神社仏閣の様式が好きである。
カメラを始める前は、専ら古い寺・神社の見学(参拝と書きたいが、正直に書くとこうなる)にいそしんだものであった。

その後、カメラを始めてから被写体としての神社仏閣を見つめ直したとき、屋根の美しさに魅せられてしまった。
特に本瓦葺きの屋根の重厚さ、銅板瓦葺きの屋根の優美さは見飽きることがない。

数多く撮っているなかから、少しだけご紹介したい。
いずれもどこかのお寺か神社のものである。
お好きな方は案外すぐに分かるかも?

CANON EOS KissD / TAMRON AF28-300mm XR/F3.5-6.3
e0132243_2035828.jpg

PENTAX K100D / DA18-55mm F3.5-5.6 AL
e0132243_2061135.jpg

CANON EOS20D / SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX
e0132243_2074157.jpg

CANON EOS20D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
e0132243_2091892.jpg

PENTAX K10D / DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
e0132243_2013520.jpg
e0132243_2013503.jpg

PENTAX K10D / TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiⅡ
e0132243_20143837.jpg

CANON EOS20D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
e0132243_20154284.jpg
e0132243_2019036.jpg

CANON EOS20D / EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM
e0132243_2017694.jpg
e0132243_2017216.jpg
e0132243_20174642.jpg
e0132243_20175944.jpg
e0132243_20181635.jpg

CANON EOS40D / EF 70-200mm F4 L USM
e0132243_2020887.jpg

PENTAX K10D / DA16-45mm F4 DA AL
e0132243_2021381.jpg
e0132243_20231148.jpg

PENTAX K10D / TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiⅡ
e0132243_20262030.jpg

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_20273926.jpg
e0132243_2027507.jpg
e0132243_2028220.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-11-14 20:28 | 寺社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iga1008.exblog.jp/tb/8975637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by poron_55 at 2008-11-15 11:27
こんにちは。
どの屋根を見てもそれぞれの曲線美を感じさせられます。
脈々と受け継がれる宮大工技術の結晶ですね。
本瓦屋根先端の鬼瓦(?)、銅板屋根の緑青にも長い歴史を感じます。
Commented by iga1008 at 2008-11-15 19:31
poron_55さん、コメントありがとうございます。
骨太な本瓦と繊細な銅板瓦とそれぞれに美しさがありますね。
最近は次第に近代建築様式に変わりつつありますが、宮大工や瓦葺き職人が不足しているのでしょうね。(価格もあるのでしょうけれど)


<< 横浜散歩      紅葉を訪ねて~21世紀の森と広場~ >>