PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 25日

狛犬

古い寺や神社が好きでよく立ち寄る。

「狛犬」は最近撮るようになった。
きっかけは御殿場で出会った、富士神社の狛犬である。
それまで見たことのなかった「狛犬」の姿であった。
末尾にご紹介するので、ご参照願いたい。

それにしてもこの「狛犬」は、それぞれの寺社独特の形態のようである。
基本は「阿形」「吽形」なのであろうが、雌雄ともとれる姿は様々である。
==========================================
狛犬(こまいぬ)とは、犬に似た想像上の獣の像である。神社や寺院の入口の両脇、あるいは本殿・本堂の正面左右などに1対で置かれている。

一般的には、向かって右側の像は「阿形(あぎょう)」で、角はなく口は開いている。そして、向かって左側の像は「吽形(うんぎょう)」で、1本の角があり口を閉じている。両方の像を合わせて「狛犬」と称することが多いが、厳密には、角のない方の像を「獅子」、角のある方の像を「狛犬」と言い、1対で「獅子狛犬」と称するのが正しいとされている。昭和時代以降に作られた物は、左右共に角が無い物が多い。これらは本来は「獅子」と呼ぶべきものである。
[以上、Wikipediaより抜粋]
===========================================
CANON EOS20D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
e0132243_1493856.jpg

e0132243_20283081.jpg

SONY α100 / DT 18-70mm F3.5-5.6
e0132243_2039219.jpg
e0132243_20395730.jpg

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_204284.jpg
e0132243_20424915.jpg

e0132243_20433536.jpg
e0132243_2043578.jpg
e0132243_20445715.jpg
e0132243_20452966.jpg

御殿場・富士神社
CANON EOS20D / EF-S18-55mm F3.5-5.6ⅡUSM
e0132243_2048543.jpg
e0132243_2049521.jpg
e0132243_2049198.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-11-25 20:50 | 寺社


<< 空と雲と森と      黄昏の浜辺 >>