PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 15日

笠森観音(Kasamori-Kannon)~笠森寺~

笠森寺(かさもりじ)は、千葉県長生郡長南町笠森にある寺院、天台宗別格大本山、坂東三十三箇所の第三十一番札所、山号は大悲山。
寺伝によれば延暦3年(784年)に最澄(伝教大師)が楠の霊木で十一面観音菩薩を刻み安置し開基されたとされる古刹で、古来より巡礼の霊場として知られており、十一面観音像が本尊であることから「笠森観音」と通称される。(Wikipediaより)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
千葉に移住してから随分経ったが、県内の「名所旧跡」はまだほとんど観ていない。
仕事柄、東京のほうに居る時間のほうが長かったからでもある。
だがこのところの不況で、ご多分に漏れず出かける機会が減った。

お蔭で、千葉県内の散歩が多くなった。
今日は思い立って今までなかなか決心のつかなかった「笠森観音」へ出かけることとした。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
e0132243_22132233.jpg

e0132243_22134343.jpg
e0132243_2214071.jpg

観音堂(かんのんどう)
構造は日本唯一の「四方懸造(しほうかけづくり)」で桁行 約17m、梁間 約14m、棟高 約34m、床高 約20m、階級75段の珍しい建造物で明治41年(1908)「国宝」に、その後昭和25年(1950)「文化財保護法」の制定により「国指定重要文化財」となっている。
e0132243_22144758.jpg
e0132243_2215999.jpg
e0132243_22152722.jpg
e0132243_22153991.jpg
e0132243_2216371.jpg
e0132243_2349794.jpg
e0132243_2216264.jpg
e0132243_22163738.jpg
e0132243_22165168.jpg
e0132243_2217092.jpg
e0132243_22171180.jpg
e0132243_22172082.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2009-02-15 22:18 | 寺社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iga1008.exblog.jp/tb/9618342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チルダ at 2009-02-16 10:43 x
相変わらず素晴らしいアングルですね。 それに初めてみる「四方懸造」の観音堂にも驚きです。このような機会でないと出会う(?)こともなかったであろうと思うと不思議な縁を感じます。ありがとうございました。
ところで、清水寺の一面が「四方懸造」の構造に似ているように思いましたが・・・・
Commented by iga1008 at 2009-02-16 12:42
チルダさん、こんにちは。
私も「懸造り」という言葉自体初めて聞きました。
寺社の建築様式のようですね。
清水寺などもそうですが、その違いが下記のページにでています。
ご参考にどうぞ。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/teiryu/newpage21.html


<< 忍者「かわせみ」      樹を撮る~櫟(クヌギ)~ >>