PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 13日

対峙~千葉市・検見川送信所~

e0132243_19514378.jpg

上の写真は過日、この建物の斬新さに惹かれてスナップしたものである。
単純に解体される建物とその道具との対峙をモチーフとして撮影した。

しかし、後にこの建物を調べるにつれて、まことに暗示的シーンとして心に残るものとなった。
そう、「歴史的建造物」の保存問題である。

検見川送信所(けみがわそうしんじょ)」=======================
現在の千葉市花見川区検見川町にあった逓信省、日本電信電話公社(電電公社)の無線電信所(送信所)である。
対外国通信を目的としており、日本で初めて短波による標準電波を送信した施設でもある。太平洋戦争(大東亜戦争)中は南方の占領地との通信拠点だった。1979年廃止。

表現主義」の数少ない作品とされる本館は東京中央郵便局を設計した逓信省技師の吉田鉄郎氏が設計した。現在、建物は本館のみが残っており、敷地も含めて千葉市が中学校用地として所有している。建物は取り壊される方針であったが、2007年8月に発足した「検見川送信所を知る会」が中心となって保存運動を展開した結果、市は当初の方針を見直し、その歴史的価値の再検証と今後の処置を検討中。

廃墟マニアの間では有名な施設であるが跡地は立入禁止となっている。
(以上、Wikipediaより引用・一部加筆)
================================================

SONY α700 / MINOLTA AF ZOOM 35-70mm F4
e0132243_2015452.jpg
e0132243_202744.jpg
e0132243_2021668.jpg

窓などの開口部は既に鉄板で閉じられていて今は見ることができない。
e0132243_202254.jpg


この建物について更に知りたい方はこちらで。
"検見川送信所を知る会"
"吉田鉄郎"

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2009-03-13 20:12 | 建物・街並み


<< 坂月川のかわせみ      江戸川土手に憩う >>