PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カメラ( 16 )


2014年 10月 08日

皆既月食~タイムラプス試し撮り

今日の皆既月食は千葉でもたいへんよく観察できた。
外で夕飯を食べていたが、満月が欠けはじめたので急ぎ帰宅、初めての皆既月食撮影にチャレンジした。

α57のムービー撮影を試みることとしたが、素人の悲しさで月の移動を計算に入れていないので三脚で固定は難しいことが分かった。すぐにカメラのフレームから外れるのである。

半分以上欠けた状態で始めて、22分で完全に隠れるまでなんと4~5回もカメラを動かさなければならず、これではムービーとしては観るに耐えないと思い当たった。
私と同様に観察していた皆が帰ったのを機に、再び月が現れるまでは辛抱できず帰宅となった。

仕方なく、ムービーはゴミ箱へ・・・、と思ったが、なんともくやしいのでムービーから1分おきにスナップショットを作成してタイムラプスに挑戦の仕儀となった。

22分かけた21枚のスナップから作成した画像は0.5秒でディレイを設定しても11秒にしかならない。(涙)

SONY α57 / MINOLTA AF ZOOM 100-300mm F4.5-5.6 APO



※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-10-08 22:49 | カメラ | Trackback | Comments(4)
2013年 10月 18日

フルサイズミラーレスカメラ SONY α7

噂のカメラがいよいよ発売となる。(来月中旬?)

ミラーレス一眼で35mmフルサイズのイメージセンサー搭載。
名称は"SONY α7"とローパスフィルターの無い"SONY α7R"となっているが、EマウントでありNEX-7の上位機にあたるようだ。
どちらも液晶ビユーファインダーが装備されている。

興味津々の"α7+EF28-70mm F3.5-5.6 OSS"というズームレンズキットが、SONYストアで予約価格\179,800とのこと。

実のところ、喉から手が出るほど欲しいが、しばらく様子見としよう。
カメラ屋になってしまう・・・。(笑)

だが、このカメラは多分「売れる」筈だ。....品薄状態が続くかも?

e0132243_17151894.jpg

e0132243_17153754.jpg

因みにサイズはα7、α7Rとも126.9×94.4×48.2mmであり、本体重量はそれぞれ416g、407gとなっている。NEX-7より一回り大きい。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-10-18 17:20 | カメラ | Trackback | Comments(2)
2013年 03月 01日

WPO投稿

SONYからのメールで知り、昨年暮れに遊び気分で参加してみた"SONY World Photography Awards 2013"
2枚投稿してみたが、どちらも好評価をいただいたようで嬉しい限りである。

この一枚は、"Architecture"部門参加のもの。
最終的な審査結果は3月19日となるが、この部門は事前にアナウンスして良いそうだ。
ただ候補に挙がっただけでも良しと満足している。

もう一枚のほうは、発表まで「秘密」。(笑)

PENTAX K200D/ DA16-45mm F4 DA AL
e0132243_11452597.jpg


下のリンクをクリックしていただくと、直に審査ページでご覧いただけます。
e0132243_128236.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-01 12:12 | カメラ | Trackback
2012年 11月 08日

カメラのサイズと重量について

今日はカメラの話。

まずは私が使用しているSONYの3機種をご覧いただこう。
e0132243_2337287.jpg

カメラの機種の下に、そのままを計量した重さを追記してみた。もちろん、電池・レンズ込みである。

各々の簡単なスペックをご紹介。
①SONY α900=総画素数2570万画素。撮影素子35mmフルサイズ(35.9×24.0mm)CMOSセンサー。最大記録画素数6048×4032pix。
②SONY NEX-5=総画素数1460万画素。撮影素子APS-Cサイズ(23.4×15.6mm)CMOSセンサー。最大記録画素数4592×3056pix。
③SONY RX100=総画素数2090万画素。撮影素子1.0型(13.2×8.8mm)CMOSセンサー。最大記録画素数5472×3648pix。

軽くて・小さくを探し求めた経緯がこの3機種にある。

今回、最軽量のRX100を入手した機会に撮り較べにチャレンジしてみた。
近所の公園の日の出頃の時間。

①SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD
e0132243_2357534.jpg

②SONY NEX-5 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS
e0132243_23595619.jpg

③SONY RX100
e0132243_005249.jpg

三脚を固定して、それぞれのカメラを取り替えつつ撮影。
3台のカメラ共、ISO200/Av8.0の絞り優先であるが、RX100の画像が一番暗い。これは撮影した時間が③→②→①となったためもあるが、やはりカメラの特性なのだろう。同じ設定でも、SSは順に①25sec→②20sec→③8secとなった。③が特に暗いのは自動的にSSが早くなった結果である。コンデジに絞り8.0は少々無理があったようだ。(というより、一眼と較べるのが元々変?)

この後、明るくなった場面でも色々撮り較べてみたが、個人的好みでNEX-5が一番となった。
最大の眼目であったRX100は、やはりコンデジの域を出ず細部の画質は?であった。
一眼全てを処分してコンデジに!という望みはしばらくお預けとしよう。

と、そんな訳でまだまだカメラ行脚の日は続くようである。(笑)

※比較はあくまでも個人的興味の対象として行ったものであり、カメラの優劣を云々するものではないことを付け加えておく。(念のため)

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-11-08 00:22 | カメラ | Trackback | Comments(4)
2012年 09月 25日

気になるカメラ

最近はカメラの新機種の発表が目白押しだ。
各社とも今までの「高性能=重い」という常識を覆すカメラを目指している点は大変嬉しいことである。

私が注目する機種を欲しい順に列挙してみた。(発売前のものも含む)

e0132243_13423833.jpgSONY RX1 2430万画素 フルサイズのイメージセンサーを持つコンデジである。ツァイス35mmF2レンズ搭載で453gというからコンデジの域は完全に抜け出ている。(113.3x65.4x69.6mm)



SIGMA DP-1 Merrill 4600万画素 こちらは言わずと知れたFoveonセンサー(APS-C)が売りの人気カメラに19mmF2.8レンズを搭載したコンデジ。重量は250g。(113.3x59.5x50.3mm)



FUJIFILM X-E1 1630万画素 こちらはAPS-Cセンサーの一眼である。有機ELファインダーのみなのはX-Pro1よりも価格が低いせいであろうが、その他の部分にいろいろ改良点も多いようなのでお買い得か?レンズを含まない重量は300g。(129x74.9x38.3mm)



CANON EOS6D 2020万画素 フルサイズなのにAPS-C機のEOS60Dに近い小型化を実現。レンズを含まない重量は680g。(144.5x110.5x71.2mm)



SONY α99 2430万画素 SONY唯一のフルサイズα900の後継機種。こちらも小型である。ただし、やはりファインダーは有機ELとなってしまったので魅力は半減してしまった。レンズを含まない重量733g。(147x111.2x78.4mm) 因みにα900は850g(156.3x116.9x81.9mm)である。


重量データはいずれも電池を含まないものである。この他にも、LEICAの新機種も魅力的であるが、価格面で手が出せないので掲載していない。(涙)

段々と軽くてISO感度の優れたものが発売となる流れであるが、写真よりもカメラに興味のある私としては悩み多きこの頃である。


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-09-25 14:01 | カメラ | Trackback | Comments(4)
2012年 04月 30日

最近のカメラについて思うこと~その3~

至って私的な好みであるが、今日までさまざまなカメラを使用してきたなかで、一番の好みの機種と問われれば SONY α700 と即答できる。

ホールド感・シャッター音・画像仕上げ等がその主たる理由であるが、この機種を所有している期間が私の撮影意欲を一番高めてくれていたことは事実である。たまたま、落下事故でカメラ・レンズ共に損傷がでてしまい、高画素数に惹かれて他機種に買い換えてしまったが、いまだに懐かしんでいる。

その後、後継機種と噂される α77 を試用してみたが、いまひとつ不満があり手を出せずにいる。
「電子ビューファインター」と呼ばれる、非光学式のファインダーに馴染めないからだ。

その後、各社が競ってミラーレス一眼を発売して同様の「非光学ファインター」を採用している現状をみると、大多数の方々は順応できているからなのであろう。なんとも内心忸怩たる思いである。

フルサイズの機種がもう少し小さくなったら・・と思い待ち続けている私にとっては、現在の新ミラーレス一眼は撮影素子も APS-C 以下であり、なんの魅力も感じない。
だが、唯一、SONY NEX シリーズは APS-C 採用なので発売当初から関心があった。

試しに、このカメラで今までのレンズ構成を取り揃えてみたが、なんとも素晴らしかった。
いや、撮影画像の話ではない。軽量・コンパクトという観点からである。(笑)
とりあえず、コンデジライクに背面液晶を見ながら撮影に及んでいるわけだが、次第に慣れてきつつある。
しばらくはこれを α700 の替りに使用することとした。そのうち、電子ビューファインダーにも違和感がなくなると期待して・・。

そんな訳で、今日は先日の横浜散歩の写真を・・・。CANONとSONYでご覧いただきたい。
CANON EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM 三脚使用
e0132243_21453646.jpg

SONY NEX-5 / E16mm F2.8 「手持ち夜景」モード使用
e0132243_21475149.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-04-30 21:51 | カメラ | Trackback | Comments(2)
2012年 04月 26日

最近のカメラについて思うこと~その2~

CANON EOS7D は、発売当初から「ファインター視野率100%」「オールクロス19点AFセンサー」「2モーターシステム採用による高速連写 8コマ/秒」など高性能が人気で、メーカーも各種写真雑誌に作例を掲載するなど力を注いでいるようである。

PENTAXの一眼カメラの苦手とする動き物に対応すべく、今頃になってこの機種を購入したわけだが、手許に届いて驚いた。 重い!。
本体重量が820g。 重いので敬遠しているフルサイズ機の EOS5D MkⅡが810gであった。(笑)

とはいえ、キットレンズの EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM は期待した画角を与えてくれるので一応の満足はしているところである。

少し気になる点は、風景撮影などで三脚使用の際にファインダーから目を離してレリーズ撮影をしようとすると、大きく露出が変わってしまうことのあることであった。これはファインダーをアイピースカバーなどで覆うことにより解消したが、今までの機種以上に要注意点であるようだ。私の場合は、アイキャップの着脱が難しかったので手で覆っただけであるが、それで充分と感じた。

まあ、そんな状態で取り組んでいる最中である。
次回はSONYの最近の機種について少し書き込んでみたい。

SONY α700 / DT16-105mm F3.5-5.6
明日から横浜へ出かけるので「みなとみらい」の夜景を・・。2009.7 撮影分
e0132243_20214554.jpg

帰り次第、新しい夜景をアップさせていただきたいと思います。
※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-04-26 20:23 | カメラ | Trackback | Comments(6)
2012年 04月 26日

最近のカメラについて思うこと~その1~

今月の初めに、久しぶりでCANONのカメラを衝動買いしてしまった。

ずいぶん昔からCANONは数機種所有してきたのだが、PENTAXのK10Dの登場以来、その機能性に惚れ込んでしまってK200D,K20D,K-5と買い替えながら愛用してきている。

特に今回のK-5は、K10Dから引き継いでいる「防塵・防滴性能」「ワンタッチRAW撮影」「ファインダーの見易さ」などに加えて、更に小型化とファインダー視野率100%を達成している。
個人的な好みで更に付け加えるならば、「撮影後のWB変更画像の保存がカメラ本体で可能」なことや、「JPEGで撮った画像を撮影後すぐにRAWに変換してカメラ内に保存できる」こと、また「インターバル撮影」がカメラ本体のみで可能なことなどが挙げられる。

いまのところ、他社の一眼レフカメラでインターバル撮影をしようとすると、パソコンをUSBケーブルで接続しつつ各々のカメラメーカーのソフトからリモート操作するという流れが主流である。

その他に、リモコンの受信部がカメラ背面にもある(K10D,K20Dも同様)ことなど、細部に行き届いた配慮が感じられることなどが、私のPENTAXに入れ込んでいる理由である。

ただ、である。PCに取り込んだ画像の整理ソフトはいただけない。CANONのZoomBrowserEXの軽くて多機能の操作性と較べると、いつもため息である。(笑)
そのため、画像の閲覧はZoomBrowserで、編集はAdobe Photoshopでという流れとならざるを得ない。

まあ、そんな理由で、いつもCANONに申し訳ないと思いつつきたことも、今回のCANON 7D購入の動機となっているわけである。(笑)

さて、その7Dについてはまた明日にでも少し書き込みしてみたい。

話は変わって、今日の写真は「八重桜」。
ソメイヨシノなどの里桜が散ってしまい、寂しい思いでいたのだが、替りに八重桜が満開となった。
CANON EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM+EF 70-200mm F4 L USM
e0132243_0134054.jpg
e0132243_0135026.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-04-26 00:14 | カメラ | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 26日

FinePix X100

私がカメラに興味の無かった頃のカメラのボデイが最近のトレンドとなっているようだ。
各社とも、コンデジの上位機種として、それぞれのセールスポイントを付加して発売しつつある。

セールスポイントの目玉は、やはりレンズであろう。
デジタル一眼では、かなり出費を覚悟しなければならない明るいF値(F2.0~)のレンズが装備されている。
コンデジよりも大型の画像素子が採用(CMOSまたはCCD)されている点も魅力的だ。

私としては、来年春FUJIFILMから発売される新型機(FinePix X100)に関心しきりである。
海外で先駆けて発表されているのでご紹介してみよう。
e0132243_2041156.jpg
e0132243_2041921.jpg
e0132243_2041153.jpg


ちなみに、レンズはFujinon F2.0 35mm単焦点とのことであるが、ファインダーが今までの光学ファインダーと最新のデジタルファインダーを合成したものになるようで、ここに一番興味がある。
さらに、この機種はMade in Japanすなわち国内生産との情報が魅力的だ。

PENTAX K200D / DA16-45mm F4 DA AL
e0132243_20343073.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-09-26 20:34 | カメラ | Trackback | Comments(4)
2010年 07月 12日

試し撮り

愛用のSONYのレンズDT 16-105mm F3.5-5.6を壊してしまった。
つまづいた時に、壁に強打したために広角域のピントが合わなくなってしまったのである。

暫く18-200で代用してみたが、どうも不満が残る。
お手頃レンズで物色していたのだが、昔使用していたPENTAX DA16-45mm F4 DA AL を思い出して、また手に入れてみた。
ついでにカメラも・・・である。(笑)

PENTAX K200D は、発売から間もなく販売中止となった機種だ。
K20Dの弟分といった位置づけで価格の割りに性能の良さに人気があったのだが、HOYAとの合併騒ぎの渦中に消えてしまった。

今日は試し撮りの中から映り込みを撮ったものをアップしたみた。

PENTAX K200D / DA16-45mm F4 DA AL
e0132243_16491092.jpg
e0132243_16492124.jpg
e0132243_1649326.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-07-12 16:49 | カメラ | Trackback | Comments(4)