カテゴリ:社会( 2 )


2014年 11月 02日

「パンデミック」の恐怖

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 石垣島名蔵あたりにて、日没後の川を長秒時露光で
e0132243_0155389.jpg


暫くご無沙汰したが、また石垣島まででかけていた。
だが、もう「旅行ブログ」は打ち止めとしたいので、今後はいろいろ日々思いつく事々を相変わらずの駄文で書き込みしてみたい。
============================================================

つい今しがた、アメリカでエボラ罹患の怖れのある看護師の外出禁止令について、居住地の裁判所が本人の訴えに沿い許可することになったとのニュースを聞いた。

米、メーン州政府は「潜伏期を過ぎるまでは」との考えであったが、なにせ本人が元気いっぱいのようで言うことをきかなかったようだ。

聞いていて、いささか身震いがする思いであった。
最近の映画でも多くなった、「パンデミック(Pandemic)」を連想したからである。潜伏期間の罹患者が動き回ることの怖ろしさは伝染病の常であるが、ましてや、医療に携わる人間であろうに・・との思いが強い。

日本では「他人に迷惑をかけない」という国民性があるのだが・・・・。(もっとも最近はどうか?少し疑問)

ところで、日本でもアンダーグラウンドで進行している「エイズ」がある。

欧米諸国では減少傾向にあるということだが、先進国の日本では例外的に増加の一途である。
昨年の調査では、HIV感染者とエイズ患者数の合計は2万人を超えているようで、やはり東京がダントツに多く半数近くのようだ。

80%が同性の性的接触によるものとのことなので、若者たちは十分留意する必要があるだろう。
とくに、女性に魅力を感じなくなった男性には注意を促したい。(笑)

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-11-02 01:15 | 社会 | Trackback | Comments(4)
2014年 08月 11日

「日本海」の消える日?

韓国との軋轢は、一時期の大騒ぎから沈静化したように見受けられるが、水面下では深く静かに進行中であるようだ。
世界的なバッシングを浴びている「慰安婦問題」は、日本人の持つ「恥」の精神を根底から揺るがしている。
武士道精神どこへやら、好色的民族とうたわれることは国民として受け入れがたいものがある。

昔のサムライ精神からは河野談話は生まれないであろうが、その場しのぎの戦後の日本の政治家は日本株式会社の経営人に過ぎないように覚える。
一個人の英断が国民を救うというケースがあるが、一政治家が国民をどん底に落とすケースはさらにより多い。

ただ、この問題は韓国側の対日戦略の始まりで、「竹島問題」からさらに「日本海」呼称問題にまで影響が及びつつあるようだ。

余談であるが、現在大多数のパソコンにインストールされている最近大躍進のGoogleのフリーソフト GoogleEarthを見てみると、なんとも「日本海」が悲惨な状態になっている。
e0132243_6593019.jpg

ズームイン
e0132243_6594229.jpg

さらに日本海にズームインすると
e0132243_70740.jpg

ごらんのとおり「KOREA」の文字をかたどった画像が巧妙に配置されている。
各々の写真は、もとはGoogleの画像コミュニティpanoramioに投稿された画像で、GoogleEarthの世界図のそれぞれの場所を写真で見ることができるようにと参加者が作り上げてゆく観光写真集である。
だが、意図的に位置情報の操作をするとこのような表示も可能である。

個人またはグループで愉快犯的に行ったのであろうが、ネット社会の怖さを見る思いである。
韓国民はこの点巧者である。他にも枚挙の暇もないほどに勝手気ままに情報操作がが横行している。
日本人もヘイトスピーチと呼ばれるような、ごく内輪の争いに執着するのを脱して対外的にアピールするほうが効果的と思うのは私だけであろうか。
そういえば、一時期写真サイトの1x.comにも「慰安婦の像」の写真を韓国人がアップして大きく取り上げられていたことを思い出した。

写真は真実を伝えるか否か? ・・・・現代では曖昧なようだ。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-08-11 07:00 | 社会 | Trackback | Comments(2)