PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 29日

ご挨拶

拙い写真と取り留めの無い書き込みの日記を、いつも見ていただきありがとうございます。

年内の日記は本日をもって、閉じさせていただきます。
来年また正月明けに再開とさせていただきますので、宜しくお願い申し上げます。

正月中に雪景色の撮影を予定していますけれど・・・、どうなりますやら。
では皆様、よいお年をお迎えください。

MINOLTA DiMAGE7
e0132243_1922232.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-29 19:25 | 風景 | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 28日

朝霜の風景

今朝は一段と冷え込んだ。
早朝から出かけようとして、つい車のワイパーを動かしてしまった。
ウォッシャー液がフロントガラスで氷結して、一寸先も見えなくなった。
雪国育ちなのに、暫くこちらに住んでいると、そんなことも忘れてしまうらしい。

こんな日は朝霜が綺麗である。
撮りに行く時間がなかったので、昨年同時季の写真を引っ張り出してみた。

CANON EOS40D / EF70-200mm F4L USM
e0132243_21111469.jpg
e0132243_20485615.jpg
e0132243_21113288.jpg
e0132243_2111405.jpg
e0132243_21114733.jpg
e0132243_21115698.jpg
e0132243_2112459.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-28 21:12 | 風景 | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 27日

街角

紅葉も落ちて、街角に被写体を探すことが多くなった。

そんなスナップの中から、お気に入りを数枚。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_21444097.jpg
e0132243_21444994.jpg
e0132243_21445779.jpg
e0132243_2145543.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-27 21:45 | 風景 | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 26日

千葉港夕景

夕方から時間があったので、また千葉港まで出かけた。
今日はかなり寒い。
こんな日は空気が澄んで、もしかして富士も見えるかもなどと期待してである。

いつものスポット、千葉ポートタワーへ上る。
混んでいる。
そういえば、今日は金曜日であった。

しかし、期待どおりのなかなか美しい景色が楽しめた。
カメラのテストを兼ねて、色々撮ったなかの数枚。

SONY α700 / MINOLTA AF DT18-200mm F3.5-6.3D
e0132243_2339115.jpg
e0132243_23391843.jpg
e0132243_23401910.jpg
e0132243_2339264.jpg
e0132243_23393421.jpg
e0132243_23394477.jpg

空気が澄んでいるので、対岸の東京のビル群も見える。
e0132243_23412569.jpg
e0132243_23413277.jpg

暗くなると、このレンズでは無理があるようだ。
しかし、少しボケたほうが千葉の市内も美しい。(笑)
e0132243_23414358.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-26 23:43 | 風景 | Trackback | Comments(8)
2008年 12月 25日

クリスマス

昨夜はイブで今日はクリスマスの当日・・の筈である。
私は相変わらず仕事であったが、それにしてもクリスマスらしい雰囲気がない。

雪が無いのにはもう慣れたが、クリスマスソングは好きである。
「ジングル・ベル」「ホワイト・クリスマス」など、定番の音楽がどこからも聞こえてこない。
ケーキの売り出しも見当たらない。

もしかして、クリスマスはもう済んで正月が来たのでは?
近づいても起きないネコの丸まった寝姿を見ていると、そんな気がした。

SONY α700 / MINOLTA AF DT18-200mm F3.5-6.3D
e0132243_21454418.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-25 21:47 | ねこ | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 24日

国立科学博物館・地球館

先日、「日本館」のご紹介をさせていただいので、今日は残りの「地球館」をのぞいていただきたい。
実は、「日本館」に初入場してみて内容の素晴らしさに惚れこんでしまい、「年間パスポート」のようなものを購入してしまったのである。

「日本館」と違って、この「地球館」は新築である。
展示の内容もさることながら、まるで宝飾品のような頭蓋骨のショーケースにも驚かされる。
まだ、見ていない方には是非ともお薦めしたい博物館である。

上の階から順にご紹介しよう。

SONY α700 / MINOLTA AF DT18-200mm F3.5-6.3D
3F 「大地を駆ける生命」
e0132243_20422884.jpg
e0132243_20423997.jpg
e0132243_20424812.jpg
e0132243_2042574.jpg
e0132243_2043726.jpg

2F 「科学と技術の歩み」
e0132243_20432360.jpg
e0132243_204332100.jpg
e0132243_20434372.jpg
e0132243_20435567.jpg
e0132243_20443817.jpg
e0132243_20445369.jpg
e0132243_20451027.jpg
e0132243_20453547.jpg
e0132243_20455425.jpg
e0132243_2046532.jpg

1F 「地球の多様な生き物たち」
e0132243_20463361.jpg
e0132243_20465910.jpg
e0132243_20505996.jpg
e0132243_20511238.jpg
e0132243_20512542.jpg
e0132243_2051444.jpg
e0132243_2052786.jpg
e0132243_20521787.jpg
e0132243_20523082.jpg
e0132243_20524154.jpg
e0132243_20525252.jpg
e0132243_2053216.jpg
e0132243_20531631.jpg
e0132243_20532725.jpg
e0132243_20534268.jpg
e0132243_20535956.jpg
e0132243_20541849.jpg
e0132243_20543054.jpg
e0132243_2054443.jpg
e0132243_20545946.jpg
e0132243_20551081.jpg
e0132243_20552259.jpg
e0132243_20553360.jpg
e0132243_20554652.jpg
e0132243_20555758.jpg
e0132243_2056880.jpg
e0132243_20562175.jpg
e0132243_20563914.jpg
e0132243_20565184.jpg

B1F-B2F 「地球環境の変動と生物の進化」
e0132243_2102441.jpg
e0132243_211631.jpg
e0132243_2133171.jpg

B3 「宇宙・物質・法則」
このフロアでは撮るものがあまりなく、天体望遠鏡とデシタルカメラの撮影素子の比較が興味を惹いた。
e0132243_214827.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-24 21:06 | 建物・街並み | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 23日

モノレールのある風景

私の住む千葉市内は「モノレール」が上空を走る。
市内の行動には便利なことに気づいたので、最近はよく利用する。
なによりも車内からの眺めが良い。

そんなモノレールを、なんとなくであるが、いつも撮ってしまう。
今日は、そのなかから少しご紹介。

CANON EOS40D / EF 28-135mm F3.5-5.6 IS USM
e0132243_2294341.jpg
e0132243_2212688.jpg

CANON EOS40D / EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM
e0132243_2214486.jpg
e0132243_22205641.jpg

CANON EOS40D / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX
e0132243_22151064.jpg

CANON EOSX2 / EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM
e0132243_22163617.jpg

SONY α100 / MINOLTA AF 100-200mm F4.5
e0132243_22195384.jpg

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_20404658.jpg
e0132243_22223885.jpg
e0132243_22224571.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-23 22:27 | 風景 | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 22日

上野・五條天神社

医薬祖神 五條天神社
御祭神 大己貴命(大国主命)・・・おおなむじのみこと(おおくにぬしのみこと)
      少彦名命・・・・・・・・・・・すくなひこなのみこと
相 殿  菅原道真公・・・・・・・・・すがわらみちざね

 第十二代景行天皇の御代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐の為、上野忍が岡をお通りになられた時、薬祖神(上記の二柱)の大神に御加護を頂いた事を感謝なされて、この地に両神をおまつりなされました(約1890年前)。
 相殿におまつりしてあります菅原道真公は、寛永十八年(約三百五十年前)に合祀され、歌の道の祖神として俗称下谷天満宮とも云われました。
 社地は御創祀以来、天神山(今の摺鉢山)瀬川屋敷(アメヤ横丁入口)他、幾度か変遷を重ね、昭和三年九月に御創祀の地に最も近い現地(花園稲荷神社隣り)に御遷座になりました。
(以上、HPより)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大晦日恒例の「大祓式」に先駆けて「茅の輪」がお目見えした。
今日は早朝だったので、まだ本殿前に入れなかった。
NIKON D80 / SIGMA AF18-200mm F3.5-6.3 DC OS
e0132243_21484158.jpg

e0132243_2150986.jpg
e0132243_21502636.jpg
e0132243_21503966.jpg
e0132243_215163.jpg
e0132243_21524897.jpg
e0132243_21544164.jpg

五條橋。見ての通り短い橋である。
e0132243_21552363.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-22 21:57 | 寺社 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 20日

千葉港散策

思うところあって、カメラの買い替えを検討中である。

いままで、様々なメーカーのカメラを試してきた。
それぞれに特徴があり、一長一短がある。

PENTAXは落ち着いた発色が好きである。
ただ、少し暗いという点は否めない。
例えばOLYMPUSのE-500以前の、いわゆる"OLYMPUS BLUE"の空を撮りたいと思う。

そんな訳で最近、NIKON D200に惹かれている。
後継機種がでて、中古市場も割安である。

テストの意味を含めて、PENTAX K20D と、NIKON D80 を持って千葉港へ出向いた。
比較用の写真はあくまで私的に検討するとして、夕陽が綺麗だったので数枚撮影したなかからアップする。

NIKON D80 / SIGMA AF18-200mm /F3.5-6.3 DC OS
e0132243_21282295.jpg
e0132243_21283447.jpg
e0132243_21284381.jpg

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_21293589.jpg
e0132243_21294435.jpg
e0132243_21295319.jpg
e0132243_213036.jpg
e0132243_21301142.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-20 21:32 | 風景 | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 18日

カルガモ

この季節、近所の川や池で心を和ませてくれるのは、カルガモ達である。

体形と顔立ちも愛らしく、夏の繁殖期にも、子連れのカルガモが乾いた心を湿らせてくれる。
われわれ人間にとって、最も愛されている水鳥ではないだろうか。

その証拠に、ネットで「かるがも」という言葉を検索してみよう。
施設・団体から小さなサークルまで、無数の「かるがも***」がヒットするだろう。

今日は近くの公園の池で、カルガモ達を撮ってみた。
紅葉が落ちた枯れ木だらけの池で、少し寂しそうに見えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カルガモ(軽鴨、学名:Anas poecilorhyncha) 

体長は 60cm 前後であり、日本産のカモ類の中では大きい。また全身が茶褐色で、黒と茶の鱗状、尾に近づくほど濃い茶色になる。一見雌雄同色同柄であるが、山階鳥類研究所によれば、雄は下尾筒上部(尾羽の下)が黒く、雌では黒い羽毛に白斑が混ざり薄く見えることで判別できる。

水面採食で、食性は植物食。主に水中の藻などを食べるが、水際に生えたイネ科植物などの実を食べることもある。
ほとんどのカモ類と同様、一夫一妻で毎年つがいを形成する。日本国内では晩春から初夏にかけて繁殖する。抱卵・育雛はメスのみが行う。メスは草地の地上に皿状の巣を作り、平均サイズ45×33mmの白色の卵を10~14個産卵する。卵は抱卵開始から26~28日で孵化し、40~60日ほどで飛行可能になる。
繁殖期前はつがいで行動するが、メスが抱卵・育雛を行っている間、オスはオスだけの群れを形成して生活する。繁殖期が終わり、メスと子のつながりが消失する10月ごろにはオスだけの群れもいったん解消され、その後オスメス合わさった大群を形成して越冬する。
(以上、Wikipediaより)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_20584412.jpg
e0132243_2142759.jpg
e0132243_2144026.jpg
e0132243_2144921.jpg
e0132243_2145867.jpg
e0132243_215836.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-18 21:05 | | Trackback | Comments(4)