PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 30日

青空とさくら

今日もうすら寒い曇り空。
花見には向かない週末となりそうだ。

先日、たまたま晴れ間ののぞいたときに通りかかった「さくら公園」という小公園で今年初めて青空とさくらのコラボを撮ることができた。

SONY NEX-5 / SIGMA AF 19mm F2.8 EX DN
e0132243_1121177.jpg

わが愛車(?)とともに。(笑)
e0132243_1115586.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-03-30 11:08 |
2013年 03月 27日

さくらと雨

今日撮ってきた「さくら」。

雨上がりのタイミングで近所の公園まで出かけてみた。
驚くことに、すでに葉桜状態となった樹もあり、今年は例年以上に短命のようである。

SONY NEX-5 / MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
e0132243_17175548.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-27 17:18 |
2013年 03月 26日

万華鏡のように

今日は久しぶりに画像合成を大胆にかつ荒っぽく手掛けてみた。

個人的には好きな技法ではあるが、なかなかこういう合成に適した被写体がなくて、たまに見つけるとついつい熱中してしまう。

ご笑覧を。

SONY α700
e0132243_0484389.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-03-26 00:47 | 合成写真
2013年 03月 23日

春のまどろみ sanpo

今日は暖かい土曜日となるようだ。
関東各地の桜も満開となりそうな気配であるが、なぜか出かける意欲が湧かない。
グータラになったようで、メタボへまっしぐらである。(笑)

そんなわけで、横浜・三溪園で撮った以前のもので・・・。

SONY α700 / DT16-105mm F3.5-5.6
2009.4.5 17:00撮影
e0132243_10483830.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-23 10:46 |
2013年 03月 22日

吉野梅郷にて

旧い写真の整理中であるが、たまたまこの日のストックに行き着いた。
今頃はこんな光景だろうかと、今年はどうも行けそうもないので懐かしんで。

東京都青梅市・吉野梅郷にて。2010.3.14

SONY α700 / DT16-105mm F3.5-5.6
e0132243_16442452.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-22 16:44 |
2013年 03月 21日

朝靄の季節

自宅近所の小川沿いには気温の下がる季節によく朝靄が発生する。
SONY α700 / DT16-105mm F3.5-5.6
e0132243_14533331.jpg


ところで、以前の記事で WPO(World Photography Organization) における "Sony World Photography Awards 2013"への投稿について書いたので、今日はその経過についてご報告。

前出(3/1)の作品は"Open Commended"となった次第であるが、もう一枚(未公開)のほうは"Japan Awards"の候補となっているようだ。
だがしかし、Londonからの複数のメールのやりとりでは3/19に発表とのコメントであったが、現在のwebページにもなんの表示もなく、日本語版のページにはなんと4月のExhibition in Londonにて発表らしきニュアンスの文章であった。WPOとSONYとの連携トラブルであろうか。(因みに、WPOからのメールではSONYの担当者から連絡があると書いてきていたが、何もこない。)

いすれにせよ、メールでの要請により苦労して大きなサイズの原画も送信している経緯もあり、あとは「まな板の上の鯉」である。
とにかくも、一枚は"Open Recommended"(Google翻訳では「表彰」となるが、いわゆる「推薦」程度の評価かな?)をいただいたのだから、良しとしよう。自分で蒔いた種ではあるが、異邦人とのやりとりは難しい。(笑)

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-03-21 15:26 | 風景
2013年 03月 20日

TEA TIME

静物撮影シリーズ(?)

今日は和菓子。名前は忘れた。(笑)

それにしても、旧い機種だが SONY α700 はなかなか優秀だ。素人目にはISO800でも十分だと思う。

SONY α700 / DT16-105mm F3.5-5.6
e0132243_17422625.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-20 17:43 | 静物
2013年 03月 18日

「カレーの市民」像~国立西洋美術館~

東京・上野に「国立西洋美術館」がある。

ル・コルビジュの設計となるこの建物はユネスコ世界遺産登録へ向けて活動中で注目の対象であるが、前庭はオープンスペースとなっておりロダンの「考える人」などをいつでも鑑賞できることが素晴らしい。

このなかの一点、「カレーの市民」を撮ってみた。

SONY NEX-5N / MINOLTA AF50mm F1.4
e0132243_2142923.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カレーの市民 (仏: Les Bourgeois de Calais)は、オーギュスト・ロダン作の著名な彫刻のひとつで、1888年に完成した。 「カレーの市民」は、百年戦争時の1347年、イギリス海峡におけるフランス側の重要な港カレーが、一年以上にわたってイギリス軍に包囲されていた際(カレー包囲戦)の出来事に基づいて作られている。

===========================================================

イングランド王のエドワード3世は、クレシーの戦いで勝利を収めた後カレーを包囲、フランスのフィリップ6世は、なんとしても持ちこたえるようにカレー市に指令した。しかしフィリップ王は包囲を解くことができず、飢餓のためカレー市は降伏交渉を余儀なくされた。エドワード王は、市の主要メンバー6人が自分の元へ出頭すれば市の人々は救うと持ちかけたが、それは6人の処刑を意味していた。エドワード王は6人が、裸に近い格好で首に縄を巻き、城門の鍵を持って歩いてくるよう要求したのである。

カレー市の裕福な指導者のうちの一人、ウスタシュ・ド・サン・ピエールが最初に志願し、すぐに5人の市民、ジャン・デール、ジャック・ド・ヴィッサン、ピエール・ド・ヴィッサン、ジャン・ド・フィエンヌ、アンドリュー・ダンドルが後に続いた。 彼らはズボンまで脱いだのである。 サン・ピエールを先頭に、やせ衰えた6人は城門へと歩いた。 まさにこの、敗北、英雄的自己犠牲、死に直面した恐怖の交錯する瞬間をロダンは捉え、強調し、迫力ある群像を作り出したのである。

歴史的には、処刑が予測された6人の命は、エドワード王妃フィリッパ・オブ・エノーの嘆願により助命された。 彼女は、生まれてくる子どもに殺戮は悪い前兆となると言って夫を説き伏せたのである。

===========================================================

オリジナルの鋳型から作られる像のエディション数は12となっており、すべてのエディションが1995年までに鋳造され各地の施設や美術館に納められた。エディションの1番目は現在もカレー市庁舎前にある。

国立西洋美術館所蔵のものはその一つで 1953年鋳造・1959年設置となる。(松方コレクション)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆<以上、Wikipediaより引用>

別角度からの画像を合成して上の写真からは見えない他のメンバーを並べようとしてみた。
e0132243_21492491.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-18 21:54 | 静物
2013年 03月 17日

モノレールから自転車へ

車生活とお別れして、もっぱらお世話になっているのがこのモノレールである。

だがしかし、今までの車生活と較べると自由性がないことが難である。
千葉市内の交通網はJR千葉駅を中心としている関係で、どこへ行くにも大抵は、いったん千葉駅まで行きそれからバスなりに乗り換えて目的地へという具合である。
それなりに、時間と費用がかさむ。

この1年少しのあいだ、我慢に我慢を重ねていたのだが、勇躍「自転車」の採用と決意した。

生まれが雪国かつ坂のある町であった関係で、自転車の体験は至って僅少であるが、10年ほど前にバッテリー付き自転車を自前で初めて購入したときに一月ほど練習した経験がある。

このときは、バッテリー切れの際の走行が難しいことなどからすぐに手放してしまったのであるが、今回は「シティサイクル」とやらいう分類の普通車である。
因みにネットで調べると、売れ筋はやはり安さで定評の中国産。致し方なく、近所のショッピングセンターで国産メーカーのものを購入した。

10年前にも十分に乗りこなしていたという訳でもないので、暫くは周囲に内緒で練習に努めようとしている次第である。(昨日も、車止めポールに接触して転倒。大恥をかいたばかりだが・・・。)

SONY NEX-5N / MINOLTA AF50mm F1.4
e0132243_17404812.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-17 17:41 | 建物・街並み
2013年 03月 15日

今日は久しぶりに「道」シリーズで。

SONY NEX-5N / E18-55mm F3.5-5.6 OSS+MINOLTA AF50mm F1.4+SIGMA AF 19mm F2.8 EX
撮影地=長崎
e0132243_23102585.jpg
e0132243_23103917.jpg

撮影地=阿蘇
e0132243_2311356.jpg

撮影地=上野
e0132243_23114872.jpg

以下はすべて千葉にて
e0132243_2312245.jpg
e0132243_23123896.jpg
e0132243_23125680.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-03-15 23:13 | 建物・街並み