PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

京都・夜歩き~清水寺界隈~

「清水寺」に向かう参道はいつも混雑している。

毎回京都を訪れるたびになぜか足が向いてしまうのだが、東京でいえば「浅草寺」の感覚があるのがこの「清水寺」ではないかと思う。
昔懐かしい町並みが残る温かみは心が癒される感がする。

だが、さすがに観光客の多さには辟易しているので、いつか誰もいない町並みを撮りたいものだと思ってきた。

そこで「夜ならば」と思うに至った次第である。(笑)
「清水寺」ライトアップの終わった翌々日にチャレンジとした。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8+MINOLTA AF50mm F1.4
e0132243_12571847.jpg

e0132243_12572432.jpg
e0132243_12574775.jpg
e0132243_12575630.jpg
e0132243_1258415.jpg
e0132243_12581131.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-30 12:57 | 建物・街並み
2014年 04月 27日

京の桜~妙心寺・塔頭「退蔵院」~

日本最大の禅寺、臨済宗大本山「妙心寺」。

46もの塔頭を擁する境内は広大である。今回は桜見物の名所である塔頭のひとつ「退蔵院」を訪れた。

二週間ほど前、4月14日のことなので、今頃は見頃を過ぎているかもしれない。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「妙心寺」はさすがに大きいので「北総門」と「南総門」がある。
私は今回「南総門」から入山した。
e0132243_045168.jpg

「三門」
e0132243_055887.jpg

「仏殿」
e0132243_062180.jpg

「退蔵院」は「南総門」からすぐの位置にある。
e0132243_07463.jpg

昭和の名園と呼ばれる池泉回遊式庭園「余香苑」へ。
門を潜るとすぐ前に「しだれ桜」が満開であった。
e0132243_0123037.jpg
e0132243_0124042.jpg

e0132243_0135451.jpg

「ひょうたん池」
e0132243_0132137.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-27 00:14 | 寺社
2014年 04月 22日

京の桜~醍醐寺~

京都の「世界文化遺産」指定は、先日の「二条城」を始めとして現在17件となっている。
宇治の「平等院」もそのひとつであるが、今日の「醍醐寺」もやはり「世界文化遺産」に指定されている。

私は今回初めて訪れたわけであるが、他の「文化遺産」と大きく異なっていることに少々驚いた。
その「違い」とは、建物が大変老朽化したままになっていることである。

京都の寺社群に対するいままでの印象は、古いが保存状態は良好もしくは維持管理が行き届いているということであった。
その観点からすると、この「醍醐寺」はまさに荒れ寺(?)に近い。
874年(貞観16)創建という歴史からみると当然のことなのかもしれない。だがしかし、観光客などによる落書き・キズも結構多いことは心が痛む。どうも現代人というものは、厳重に隔離された領域のみを歩かせる以外に対策がないのであろうか? 昔の人々はもっと信心深かったはずだから。

訪れた15日は、ちょうど13日に「豊太閤花見行列」が行われた後の垂れ幕などがまだ片付けられずに残されたままの境内であったが、肝心の桜はほぼ散り終わっている状態であった。
「西大門」で拝観料の受付をしていたオヤジさんなどは、カメラ持参の私を見て「もう遅かったよ」などと気の毒そうであった。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「総門」としだれ桜
e0132243_22151893.jpg

「三宝院・唐門」(国宝) この門は昨年修復が完了したばかり。
e0132243_22184150.jpg

「西大門」(通称「仁王門」) 1605(慶長10)年、豊臣秀頼の再建になる。
e0132243_22235567.jpg

「仁王像」はさらに古く、平安後期1134(長承3)年の造立。可哀想なほど傷みが激しい。
e0132243_222846100.jpg
e0132243_22291398.jpg

「金堂」(国宝) 醍醐天皇により926(延長4)年創建であるが、その後焼失。豊臣秀吉により再建、秀頼の時代1600(慶長5)年に完成。
e0132243_2234187.jpg

「五重塔」(国宝) 醍醐天皇の皇子・朱雀天皇により着工、15年後の村上天皇時代951(天暦5)年に完成。
e0132243_22402265.jpg

「観音堂」西国三十三番観音霊場第11番札所。
e0132243_22452396.jpg

「弁天堂」
e0132243_22435197.jpg

e0132243_22424896.jpg
e0132243_22425644.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-22 22:45 | 寺社
2014年 04月 20日

京の桜~宇治・平等院~ sanpo

「鳳凰堂」の修理が終わり、一年半ぶりに拝観可能となった「宇治・平等院」を訪れた。

修理期間中は観光客が激減して宇治の町もずいぶんと寂しかったようであるが、再開と同時にどっと人が押し寄せたとのこと。
拝観も最大で3時間待ちなどと噂であったが、私が訪れた15日には1時間待ち程度と多少はゆったりできるようになっていた。

だがしかし、カメラ撮影には大いに苦労した。
とにかく、撮影スポットに人が途絶えることがない。

とくに、「鳳凰堂」の姿を写す「阿字池」の前にしだれ桜がある。
ここは即席モデルさんが行列をつくる人気スポットのようだ。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
e0132243_21263558.jpg
e0132243_21264626.jpg
e0132243_21265473.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-20 21:27 | 寺社
2014年 04月 19日

京の桜~二条城の夜桜~

世界遺産・京都「二条城」で、3/21~4/13までライトアップが催されていた。

たまたまこの日(13日)に京都入りしてホテルから無料券をもらったこともあり、結構寒いなぁと思いつつ初めての二条城へ・・。

入り口でガイド役の女性に聞くと、三脚は特定の箇所でのみOKとのこと。それも桜のポイントだけのようだ。
この人ごみならば無理もないと納得した。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「東大手門」から中へ入る
e0132243_13381840.jpg

e0132243_13391761.jpg
e0132243_13393818.jpg

「東南隅櫓」(焼失を免れた2か所の櫓(やぐら)のひとつ)
e0132243_13451232.jpg

「唐門」(二の丸御殿入り口)。入場不可。
e0132243_13483927.jpg

唐門を右に見てさらに奥へ進むと「桜の園」へ。「サトザクラ」が満開であった。一番奥のほうにあった三脚使用コーナーから。
e0132243_13545063.jpg

e0132243_1355493.jpg

e0132243_13552233.jpg

さらに廻って「清流園」へ。清流園のなかの「香雲亭」。ここは手持ち撮影なので大変だ。
e0132243_13593960.jpg

「北大手門」ちかくの「緑の園」は三脚使用可のスペースがあった。
ここは「ヤマザクラ」「ソメイヨシノ」がメインで、一部散り始めていたが丁度見頃だった。
e0132243_1485553.jpg

e0132243_149487.jpg


「ライトアップ」の時間帯は18:00~21:00であった。夜桜の撮影はあまり経験がないので、思わず最終まで居る羽目になったが結構楽しめた。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-19 14:14 |
2014年 04月 12日

2014年桜便り~東京都・日比谷公園~

遅ればせで恐縮ですが、先日の井之頭公園の桜を見に行く前に立ち寄りした「日比谷公園」の桜です。

今日あたりはほとんど散っているかも?

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
e0132243_13531531.jpg

菜の花も綺麗でした。
e0132243_13534554.jpg

子供たちは花よりも遊びに夢中ですね。
e0132243_13542398.jpg

日比谷公園へ立ち寄る前は皇居の特別公開の桜並み木を見る予定でしたが、開場前からの驚くべき行列に恐れをなして逃げ出してしまいました。
皇居前の観光バスターミナルでは八重桜が綺麗でした。
e0132243_1357226.jpg
e0132243_13573185.jpg

あとで知人から聞いた話では、皇居の桜は思ったほど多くなく寂しかったとのこと。
まあ、慰められました。(笑)

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-12 13:59 |
2014年 04月 08日

2014年桜便り~東京都・井之頭公園~ sanpo

例年桜の時季は忙しい。

最近はすっかり出不精になりつつあったのだが、やはり陽気に誘われてついふらふらと出歩くこととなる。

しばらくご無沙汰の、吉祥寺へ電車で。
到着と同時に小雨がパラついたが、すぐに青空がもどってきた。

4月5日の土曜日ということもあって、井之頭公園は大変な人出であった。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8+MINOLTA AF50mm F1.4
e0132243_204597.jpg

e0132243_20453170.jpg
e0132243_20454151.jpg
e0132243_20455172.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-08 20:45 |
2014年 04月 06日

2014年桜便り~身延山・久遠寺②~

e0132243_20582961.jpg

身延山・久遠寺は境内の「しだれ桜」が有名であるが、実は他にもたくさんの桜が咲いている。
(....というか、他のほうが桜の木が圧倒的に多い。)

特に、「西谷地区」と呼ばれる「北之坊」を始めとする塔頭(たっちゅう)群のある一帯には見事なしだれ桜など数多くの桜が満開であった。
カメラマン諸氏はこれをよくご存知のようで、この地区は一眼を首から下げ三脚を担いだ方々に多数出会った。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
「西谷地区」へ行くために、「三門」から入らず左の道へ・・。
三門脇にある塔頭「定林坊」と桜。
e0132243_1946763.jpg

坂道沿いに塔頭と桜が続く。
e0132243_19583986.jpg
e0132243_19585099.jpg
e0132243_19591812.jpg

さすがに桜の名所だけあって、三脚を担いだカメラマンからアマチュアまでずいぶん大勢が来ていた。
e0132243_19592811.jpg


さて、この道を進むと「身延山ロープウェイ」の入り口となる。そして、そこは本堂の裏手にあたり、287段の「菩提梯(ぼだいてい)」を上らずにたどり着ける訳である。(ご利益があるかどうかは不明(笑))
e0132243_2075783.jpg

ロープウェイ山頂・「奥之院思親閣」から望む富士の頂。
e0132243_20163452.jpg

帰りのロープウェイから「西谷地区」を観る。
e0132243_20172088.jpg


さて、ロープウェイの終点は「本堂」境内と繋がっているが、帰りくらいは「菩提梯」を下らなければと意気込みつつ段上へ。
e0132243_2019598.jpg

「菩提梯」は南無妙法蓮華経になぞらえて7区画に分割されているので、287段の7分の一下る毎に小休止できるわけだが、写真で分かるように上から見ても3区画程度しか見えず参道は遥か下である。そして勾配はかなり急だ。皆、手すりにしがみつきながら下りている。
ここは大事をとって階段脇から「男坂」を下ることとした。(笑)
それでも結構急坂だ。
e0132243_20295576.jpg


充分「桜」は堪能させていただいたので、帰りはバスで身延駅へ。
ここはポストにまで桜がある。
e0132243_20303574.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-06 20:31 |
2014年 04月 04日

2014年桜便り~身延山・久遠寺①~

しだれ桜で有名な日蓮宗総本山・身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)。

丁度見頃とのことであったので、4月の2日に思い切って出かけてみた。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
東海道線・富士駅から身延線に乗り換えて、1時間20分程度で「身延駅」に着く。
「身延駅」駅前。
e0132243_1820229.jpg
e0132243_18202121.jpg

すぐ前を富士川が流れている。
e0132243_18222533.jpg

駅前から路線バスに乗ると「総門」を過ぎて「三門」近くまで時間をかけずに行くことができるが、陽気に誘われて徒歩で行くこととした。
途中で出会ったしだれ桜。
e0132243_18275124.jpg

一時間半ほど歩いて「総門」へ到着。
e0132243_18283898.jpg

もうすぐと叱咤しながら昇り道をたどると、30分ほどで「三門」へ。この辺りには旅館や食堂などがあり、賑わっていた。
e0132243_18302550.jpg

「三門」
e0132243_18325471.jpg

三門をくぐると石畳の参道と、その向こうに続く石段が見える。
e0132243_18352013.jpg

e0132243_18361521.jpg
e0132243_18362373.jpg

上り切ったところにある「本堂」・「五重塔」。
e0132243_18404580.jpg
e0132243_18405338.jpg

そして目的の「しだれ桜」
e0132243_1842713.jpg
e0132243_18421734.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-04 18:43 | 寺社
2014年 04月 01日

2014年桜便り~千葉市民霊園~

千葉・市営霊園の桜もこのところの暖気で満開となった。

SONY α700 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8+MINOLTA AF50mm F1.4
2014.4.1撮影
e0132243_18242867.jpg
e0132243_18244674.jpg
e0132243_18275116.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-04-01 18:25 |