PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 23日

紅葉と黄葉~千葉市~

SONY α57 / MINOLTA AF50mm F1.4
「千葉市動物公園」・大池にて 2014.11.22
e0132243_20455178.jpg

千葉市「青葉の森」にて 2014.11.23
e0132243_20464049.jpg


いつも紅葉見物にでかけている上記2か所であるが、どちらもなんとなく「変」である。
「動物公園」は色づいているモミジはまだ少ないけれど、部分的に紅葉している木々も色があせたような色彩である。また、「青葉の森」もイチョウはほとんどがすでに散って、寂しいものである。モミジはまだ青々しており、名物の「モミジバフウ」はすでに散り終えている。

「青葉の森」は、イチョウがまだ青みの残るうちに散ってしまつたものも多いようであるし、「動物公園」のモミジも場所によって色づきが大きく異なっている。
やはり、異常気象のためなのであろうか?

来週からの京都行も不安が募る。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-11-23 21:01 | 風景
2014年 11月 20日

博物館での撮影

SONY α57 / MINOLTA AF50mm F1.4 「国立博物館・東洋館」にて
e0132243_14365428.jpg


旅先でもよく美術館や博物館に立ち寄りするが、困ったことにほとんどは撮影禁止である。
昔は「フラッシュ禁止」などと張り紙してある程度であった記憶があるのだが、なにせカメラを始めてから間もないので定かではない。もしかして、昔からであったのかもしれない。

最近は記憶にたよらずにカメラにたよる生活となっているので、これが欲求不満のもととなる。

そんななかで、上野の「国立博物館」は貴重だ。
「特別展」などを除いて、常設の部分などはほとんどが撮影可能である。(一部、撮影禁止の札の貼ってあるものを除く。)

とくに「東洋館」は、「カメラで撮れる博物館」をうたいだしており、最近改修された館内はガラスも透明度が高く、撮影には最適である。

私見ではあるが、このような試みを広げてもらいたいものだ。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-11-20 14:52 | 静物
2014年 11月 15日

東漸寺の紅葉は・・

SONY α57 / MINOLTA AF50mm F1.4 松戸市東漸寺にて 2014.11.13
e0132243_22323181.jpg


毎年訪れる、松戸市小金にある「東漸寺(とうぜんじ)」。
近くまで行く用事があったので、紅葉の具合を下見に寄ってみた。

今年は少し遅いように思える。
参道はソメイヨシノの枯れ葉が積もって、雨上がりの空気に甘い香りを漂よわせてていたが、モミジはまだ青いままである。

京都などは紅葉便りがにぎやかであるが、どうも千葉はまだ先のようである。

e0132243_2244868.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-11-15 22:42 | 風景
2014年 11月 12日

朝霧の季節

SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD
e0132243_10113098.jpg


朝霧・朝靄の季節となった。

前にご紹介した「竹田城跡」も、再び撮影に赴きたいところであるがなかなか遠い!(涙)
盆地状になった土地でこの霧や靄を楽しめるスポットは多々あるであろうが、ここ「千葉市加曾利貝塚公園」は、側を流れる坂月川流域で発生する朝靄・朝霧が公園全体を包み込む日がある。

この霧や靄は自宅周辺まで及ぶこともあるが、大抵は知らないうちに終わってしまっている。
前日が雨で翌朝は晴れという朝に出かけてみるのが、いまのところの対策である。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2014-11-12 10:27 | 風景
2014年 11月 07日

由布島のタコ採り

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 西表島・由布島にて
e0132243_21232983.jpg


今日は「立冬」。
紅葉も観ていないのに「まだ冬は早いよ~」と言いたくなるが、私は先日の旅の写真を編集するのに忙しくて気分はまだ夏のなかにいる。(笑)

たまたま今日、現像していた写真に面白いものがあったのでご紹介。

西表島から水牛車に乗って由布島へ行き来するわけであるが、以前にも書いたようにここは干潮時には歩いて渡れる。
観光客用に長靴も貸し出ししてくれると聞いたが、皆「水牛車」に乗るので需要はないようにみえる。しかし、地元の人たちはそんな長靴も履かない。サンダルなどで十分のようである。

この日、たまたまそんな地元の人をみかけた。
水牛車の御者(?)兼ガイドさんに聞くと、「たこ採りおばあサ~」と教えてくれた。

聞くところによると、由布島周辺の浅瀬の砂の中にはテナガダコ(現地名で「ウムズナー」)がいるそうで、現地のおばさんたちは棒や熊手などで器用に採るのだそうな。
一度、ぜひ挑戦してみたいものである。

これから訪れる人はチャレンジしてみてはいかがであろうか。
時間に制約のあるツァー旅行では無理でしょうけれど・・。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-11-07 21:40 | 風景
2014年 11月 04日

秋風 sanpo

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 石垣島・川平湾にて 2014.10.29 AM10:50
e0132243_162577.jpg

暑くもなく寒くもない、まさに居心地の良い沖縄から帰ってみたら、関東はもう冬かと思うほど寒かった。(笑)
今日はすこし暖かく、出かけたいところであるが、紅葉はまだ先である。

自宅で、最近お気に入りになった「数独」を解きながら、ラジオで国会討論を聞いている。
あいかわらずの"重箱の隅をつつくような"質問ばかりで、なんとも平和な国のような気がしてしまう。事実は難問山積であるにも関わらずである。

この「数独」は、最近嵌っているご仁も多いようだ。一時は若者たちの遊びであったが、最近は我々のような年代も結構多いと聞く。
なんにしても、ほどほどに・・・、と思いつついるのだが・・。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-11-04 16:17 | 風景
2014年 11月 02日

「パンデミック」の恐怖

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 石垣島名蔵あたりにて、日没後の川を長秒時露光で
e0132243_0155389.jpg


暫くご無沙汰したが、また石垣島まででかけていた。
だが、もう「旅行ブログ」は打ち止めとしたいので、今後はいろいろ日々思いつく事々を相変わらずの駄文で書き込みしてみたい。
============================================================

つい今しがた、アメリカでエボラ罹患の怖れのある看護師の外出禁止令について、居住地の裁判所が本人の訴えに沿い許可することになったとのニュースを聞いた。

米、メーン州政府は「潜伏期を過ぎるまでは」との考えであったが、なにせ本人が元気いっぱいのようで言うことをきかなかったようだ。

聞いていて、いささか身震いがする思いであった。
最近の映画でも多くなった、「パンデミック(Pandemic)」を連想したからである。潜伏期間の罹患者が動き回ることの怖ろしさは伝染病の常であるが、ましてや、医療に携わる人間であろうに・・との思いが強い。

日本では「他人に迷惑をかけない」という国民性があるのだが・・・・。(もっとも最近はどうか?少し疑問)

ところで、日本でもアンダーグラウンドで進行している「エイズ」がある。

欧米諸国では減少傾向にあるということだが、先進国の日本では例外的に増加の一途である。
昨年の調査では、HIV感染者とエイズ患者数の合計は2万人を超えているようで、やはり東京がダントツに多く半数近くのようだ。

80%が同性の性的接触によるものとのことなので、若者たちは十分留意する必要があるだろう。
とくに、女性に魅力を感じなくなった男性には注意を促したい。(笑)

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-11-02 01:15 | 社会