PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 08日

紅葉先撮りの旅~月山(がっさん)~

さて、「紅葉先撮りの旅」2日目は同じ「磐梯朝日国立公園」のなかにある「月山」。

標高1,984mの山頂まで約2時間の位置にある、八合目「弥陀ヶ原湿原」(標高1,400m)からの眺め。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
e0132243_21312757.jpg


「月山」頂上へ至る登山道。
e0132243_21322374.jpg

「弥陀ヶ原湿原」
e0132243_21331056.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-10-08 21:33 | 風景
2015年 10月 03日

紅葉先撮りの旅~浄土平~

紅葉だよりがちらほらと聞かれる季節となった。

それならば、と思い切り高度の高い山へ出かけることとした。
とはいえ、登山は無理なのでバスの行ける範囲ではあるのだが・・・。(涙)

初日は、「磐梯朝日国立公園」のなかの吾妻連峰中腹にある「浄土平」(標高1600m)。
標高1705mの「吾妻小富士」の頂上まで歩いて10分の位置にある湿原である。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
標高1948.8mの「一切経山(いっさいきょうざん)」。現在も活動をしている活火山である。
e0132243_2110621.jpg

こちらは「吾妻小富士」。中央に大きな火口があるため、「摺鉢山(すりばちやま)」というのが本来の山名である。
e0132243_21152983.jpg

「浄土平」は湿原であり、散策は木道を辿ることとなる。流石に山の上ということもあるのだろうが、風が強い。
e0132243_21173834.jpg
e0132243_12512446.jpg
e0132243_21174716.jpg
e0132243_21181129.jpg

e0132243_12531557.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-10-03 21:18 | 風景
2015年 09月 26日

長良川鵜飼い

金華山の岐阜城見物を終えて、ケーブルカーで降りるとすぐ目の前が長良川である。

歩いて4~5分で、鵜飼い見物の屋形船の発着場へ着く。
乗船前に「鵜匠」による説明があったのち、屋形船へ乗り込んだ。

流石に人気のある観光スポットである。屋形船の数は10艘以上あったかと思われる。

SONY α57 / MINOLTA AF50mm F1.4+TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
e0132243_19422213.jpg

18:00に発進。上流域へ向かう。
e0132243_19442314.jpg

舳先の船頭さんがなかなか格好がいい。
e0132243_19443351.jpg

30分かからずに鵜飼い船の見物場所に着いた。
ここで停泊した船の中で、鮎弁当など食べながら、待機となる。
これが結構長い時間に感ずる。まあ、夜風も気持ちの良い日であったので良しとしよう。
私の乗った船はトイレ付きであったが、この待機所には別に「手洗い専用船」も係留している。
e0132243_19504947.jpg

待ち時間を紛らわすために、踊り手さんたちの乗った船がお囃子付きで行き来してくれる。
e0132243_19552178.jpg

鵜飼い船の出現は、その前の一発の「花火」が合図である。
上流から、いわゆる「狩り下り」という流れにまかせて数隻の小舟(「鵜舟(うぶね)」)が篝火(かがりび)を焚きながら目の前を横切る。「鵜飼い」の始まりだ。
この「篝火」は鮎を呼び寄せる役目も果たしているそうで、火力を強めるために薪を補充しながらの漁である。さぞかし熱いことであろう。
e0132243_1172876.jpg

e0132243_2025822.jpg

鮎を呑み込んだ鵜が引き上げられる。吐き出させるのはアッという間の手際である。
e0132243_117776.jpg


撮影のほうは、やはり予想していたとおり、なかなか上手く撮れない。篝火の明かりを頼りなので、みな同じカットになってしまうのだ。
この後はカメラはあきらめて"眺める"こととした。

余談であるが、この鵜飼いにより収穫した「鮎」は、時には皇室御用達となるほかは料亭などに卸されている由で、一般の店先に並ぶことなどは決してないのだそうな。
そう思うと、さきほど屋形船のなかで食べた鮎の産地は?などとつまらぬことを考えてしまう。(笑)

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-09-26 20:05 | 風景
2015年 09月 25日

岐阜城と長良川

先月、機会があって岐阜まで出かけた。

主な目的は長良川の鵜飼い見物であるが、夜まで時間があったので「金華山」へ登って「岐阜城」を撮影することとした。

「岐阜城」は織田信長によって、それまでの「稲葉山城」から改名改築されたもので、同時にこの地名も岐阜と改められたと今回初めて知った。

ただ、現存するのは「城跡」(国史跡)のみで、「復興天守」は昭和に入ってから建てられた鉄筋コンクリート造りのもののようだ。もっとも、これはほんの一部を除いた他の城跡と変わらない。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
山城らしく、敷地はかなり狭い。
e0132243_226516.jpg

天守閣の最上階は展望台となっている。
e0132243_2273222.jpg

「長良川」の眺め
e0132243_2275859.jpg

史跡となっている城跡の部分はなかなか見応えがある。
e0132243_2284246.jpg

「長良川」から天守閣を見る。
e0132243_2292781.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-09-25 22:09 | 建物・街並み
2015年 09月 21日

戸隠神社~Togakushi shrine~

今月のはじめ、かねてから行きたいと思っていた「戸隠神社」(長野県長野市)へ出かけた。

仕事の都合で急遽変更した日程のせいで、台風の訪れる当日の参拝となったのだが、もとより雨の杉並木が撮りたかったこともあり完全武装で意気込んでの旅立である。

ところが、初日の「宿坊」は他に宿泊客は一人という状態に"荒天の賜物"と喜んだのもつかの間、予期せぬアクシデントはつきもので、楽しみにしていた「戸隠そば」の店はすべて早じまいをしていたのには驚いた。むろん食堂もない。
とうとうカップラーメンの夜食という情けない一夜を過ごしたという顛末である。(笑)

===============================================================
戸隠神社
戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。(以上HPより)
===============================================================

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
戸隠神社「宝光社」ー戸隠神社の入口といった位置にある。270余段の石段の上に社殿がある。
e0132243_2311348.jpg

戸隠神社「中社」ー一帯に宿坊や飲食店のある、いわば中心部という位置づけ。杉の古木が3本あり、いずれも大木である。
e0132243_2364286.jpg

戸隠神社「奥社」ーここから奥社まで約40分かかる。もちろん車は入れない。
e0132243_2385921.jpg

「奥社」に辿る参道にある「隋神門」。その先が有名な杉並木。
e0132243_23104994.jpg

天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える「杉並木」
e0132243_23113846.jpg


雨脚が強まるなかの撮影行はやはりハードで、前日の「宝光社」の階段の影響もあって、「奥社」の参拝は次回に譲ることとした。(なんとも情けない・・・)

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-09-21 23:14 | 寺社
2015年 08月 14日

輪島散歩~「鴨ヶ浦」

雪国育ちのわたくしの一番苦手な季節となって久しいが、今年の夏の暑さはいかんともしがたい。

おかげで、写真の撮影もお休みとなり、このブログも予告なしでしばらく休ませていただいた。

いまだに撮影は休止状態であるが、以前に撮りためたなかから少し書き込みしてみることとした次第なのでご容赦を....。

前回に「輪島旅行」のなかから「白米千枚田」のみご紹介したが、ここ「鴨ヶ浦」もなかなかダイナミックで見応えがある。
お出かけになるなら、ぜひ立ち寄りしていただきたいスポットである。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
e0132243_2362067.jpg

黄色く見えるのが「波の華」。
e0132243_2363042.jpg

この日は波が高くて先に進むことが難しかった。
他に観光客もいなかったので、危険を覚悟で波の飛沫を浴びながら撮影敢行。
e0132243_238549.jpg
e0132243_2391398.jpg
e0132243_23103559.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-08-14 23:09 | 風景
2015年 07月 09日

久し振りに雨の中で散歩・・・。
SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
e0132243_21212094.jpg

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-07-09 21:21 | 建物・街並み
2015年 07月 02日

新穂高ロープウェイ体験記②

翌日の朝は晴天。やはり山の天気はわからないものだ。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
今日は北アルプス(飛騨山脈)もよく見える。
e0132243_11554610.jpg

ロープウェイ乗り場に立つ案内図。
e0132243_11532667.jpg

それでは出発である。終点が西穂高岳の登山口となっているので、大きなリュックを持った登山客もいる。(因みに大きなリュックは別料金とのこと)
e0132243_1153276.jpg

山並みが目線の高さとなる。
e0132243_11532783.jpg

「新穂高ロープウェイ」は、第1と第2に分かれており、第一の終点は「鍋平高原(しらかば平駅)」(4分乗車)。
ここで第2ロープウェイに乗り換えて、さらに上へ・・。なぜか、この第2ロープウェイは2階建てである。
e0132243_11532897.jpg
e0132243_11532821.jpg

北アルプスの山並み(岐阜県側)が一望できる。
e0132243_11532858.jpg

7分で終点「西穂高口駅」に到着。
標高2,156mの展望台から望む風景をパノラマとしてみた。この眺めは「ミシュラングリーンガイドジャポン」に二つ星として紹介されたとのこと。
e0132243_11532992.jpg

山の詳細は下記でご参照のほど・・。
e0132243_11532993.jpg


登山口ルートの入り口あたりで撮った「ミズバショウ」
e0132243_2031446.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-07-02 20:31 | 風景
2015年 07月 01日

新穂高ロープウェイ体験記①

以前に上高地までは出かけた(「大正池を撮る」のだが、上高地に入る途中から分岐する道のりの行方が気になっていたところ、たまたま西穂高岳へのロープウェイに乗るツアーがあったので出かけてみた。

位置的には、上高地の「大正池」で撮影した背後の山並みを越えたところにある「新穂高温泉」がロープウェイの起点となる。
バスで上高地へ向かい、大正池へ通じるトンネルの手前で左に折れて、山道を辿るコースである。

たまたま雨模様の天気であったが、山の気候は変わりやすいという言葉を頼りに出かけることとしたわけである。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.82015.6.16撮影
前泊した「新穂高温泉」から望む山並み。小雨のなかで撮影。
e0132243_1637870.jpg

明日はこの「新穂高ロプウェイ」で西穂高登山口まで登る。
e0132243_16392242.jpg

山間を流れる「蒲田川」
e0132243_12214767.jpg


今回は写真が多いので、2回に分けさせていただく。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-07-01 16:40 | 風景
2015年 06月 24日

「大賀蓮」

千葉公園の「大賀蓮」
SONY α57 / MINOLTA AF ZOOM 100-300mm F4.5-5.6 APO 2015.06.22撮影
e0132243_20113618.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

# by iga1008 | 2015-06-24 20:33 |