PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

タグ:兵庫県 ( 1 ) タグの人気記事


2014年 10月 26日

竹田城跡を訪ねて~兵庫県朝来市和田山町~

以前にネット上で「竹田城跡の写真」(地元の写真家である、吉田利栄氏の作品)を拝見してから、行ってみたいと思いつついたのだが、その後にマスコミにこの城の名前が氾濫し始めたのにはいささか驚き、残念な思いがしていた。
どれだけ多数が押し寄せるであろうかとの思いである。

世界各地の、いわゆる「秘境」と呼ばれるところにまで観光客の押し寄せるようになった現代である。この流れは止めようもなく、北極・南極の極地ですら対象になっている。

ここ「竹田城跡」も、年々の観光客の増加に市(朝来市)は喜んでいるだろう。
「日本のマチュピチュ」などと呼ばれた上に、最近では「恋人の聖地」などともうたいだしている。困ったものはお役所と営利企業の売らんかな精神である。まあ、国自体も"株式会社日本"なのだから致し方のないところであろう。

と、愚痴はさておき、その観光客の仲間である私も「竹田城跡」初訪問。
2014.9.10 時間は15:00~16:00なので、観光客多し・「雲海」もちろん無しの、撮影にはまるで向かない日であった。(言い訳?)

ついでに書き加えると、竹田城跡と雲海のショットを狙うなら、竹田駅をはさんで反対側にある「立雲峡」展望台からがベストということである。ここからなら、遺跡も毀損せずに眺められるので、最良の選択であろう。時間はもちろん午前中、それも朝のうちとなるので、天候に留意しながら訪れて欲しい。

SONY α57 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8
ふもとから見上げた「竹田城跡」
e0132243_20241955.jpg

300円の観覧料を払って、いざ城跡へ
e0132243_20251285.jpg

城跡上からの眺望はよい。以前はこのベンチに腰掛けたり、もっと前へ進んで城郭の石垣を見下ろすことができたそうであるが、昨年の観光客の落下事故以来、いたるところにロープがめぐらされるようになって、今はこのベンチへすら行けない。
e0132243_20293657.jpg

ロープで区切られた道以外は行けない。ところにより、荒れた地面にはゴム状のシートが置いてある。
撮影スポットと言われる一番高い「天守跡」(修理中)へも行けず、「穴太(あのう)積み」と呼ばれる石垣を撮るほかになかった。修復箇所が多いのは、やはり予想外の観光客の訪れに起因しているのかも?
e0132243_20345574.jpg

e0132243_203998.jpg
e0132243_20391813.jpg

e0132243_20452874.jpg

e0132243_20454441.jpg

e0132243_20451985.jpg

かなり編集したものを最後に一枚。
e0132243_2048198.jpg


※「穴太(あのう)積み」=竹田城の石垣は、安土城や姫路城と同じ「穴太積み」で築かれています。穴太積みとは、大津市阪本町穴太に住む「穴太衆(あのうしゅう)」という人々が持つ石積み技法をいいます。<リーフレットより>

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2014-10-26 20:55 | 建物・街並み