タグ:DA18-250mm ( 34 ) タグの人気記事


2010年 10月 19日

終焉~今日の一枚~

秋は色々な終わりの光景に巡り合う。

植物は、規則正しく季節に従う。

散り際の彼女に脚光を浴びてもらおうと、少し編集してみた。

PENTAX K200D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_2317083.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-10-19 23:21 | | Trackback | Comments(4)
2010年 10月 17日

月見る月は・・・

「月々に 月見る月は多けれど 月見る月は この月の月」(詠み人知らず)

今月の満月は23日のようであるが、この句はいわゆる「中秋の名月」を詠んだものと謂われている。
しかし、カメラを構える我々には、ほぼ月に1~2度の満月はやはりシャッターチャンスであろうか。

因みに私も最近知ったばかりなので、お恥ずかしいしだいであるが、「三日月」とは右側に弧を描いた形の月の呼び名であるようだ。新月を旧暦で1日としたため、3日目にこの形となる月の呼び名のようだ。

ともあれ本日の一枚は、その満月の写真。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_035328.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-10-17 00:35 | 風景 | Trackback | Comments(4)
2010年 10月 12日

RELAX~今日の一枚~

今日は、まだ緑濃い頃(といっても9月であるが)の水辺の風景。
少しはリラックスできるかも?

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_21194237.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-10-12 21:19 | 風景 | Trackback | Comments(4)
2009年 08月 10日

”異次元”な光景~今日の一枚~

またまた、天地逆の写真である。
どう見ても逆さにしたほうが良い!、と自己満足で「今日の一枚」とした。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_23121371.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2009-08-10 23:12 | 風景 | Trackback | Comments(4)
2009年 03月 20日

コブシとモクレン

昨日の日記で「コブシ」をアップさせていただいたが、お約束どおり今日は「ハクモクレン」。
ただし、確認の意味で「コブシとハクモクレン」の違いの分かる写真とした。

元来、花の名前に興味を持たずに過ごしてきた数十年の人生である。
カメラを始めてからの付け焼刃の知識でブログなどに書き込むには、結構細心の注意が必要と思う。
私自身もネットなどで情報収集した結果であるが、実物で再確認としたい。

昨日の日記と併せてご覧いただければ見分け方の一助となるであろう。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
コブシの花
e0132243_21285314.jpg

コブシの蕾
e0132243_21292231.jpg

ハクモクレンの花
e0132243_21313160.jpg

ハクモクレンの蕾
e0132243_21315678.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2009-03-20 21:32 | | Trackback | Comments(6)
2009年 01月 17日

海辺の風景

今日も太陽と青空が気持ちのよい冬晴れであった。
綺麗な海が見たくて、外房まで足を延ばした。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_2142342.jpg
e0132243_21424498.jpg
e0132243_21425464.jpg
e0132243_2143721.jpg
e0132243_21431966.jpg
e0132243_21433063.jpg
e0132243_21433971.jpg
e0132243_2143503.jpg
e0132243_2144147.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2009-01-17 21:44 | 風景 | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 27日

街角

紅葉も落ちて、街角に被写体を探すことが多くなった。

そんなスナップの中から、お気に入りを数枚。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_21444097.jpg
e0132243_21444994.jpg
e0132243_21445779.jpg
e0132243_2145543.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-27 21:45 | 風景 | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 18日

カルガモ

この季節、近所の川や池で心を和ませてくれるのは、カルガモ達である。

体形と顔立ちも愛らしく、夏の繁殖期にも、子連れのカルガモが乾いた心を湿らせてくれる。
われわれ人間にとって、最も愛されている水鳥ではないだろうか。

その証拠に、ネットで「かるがも」という言葉を検索してみよう。
施設・団体から小さなサークルまで、無数の「かるがも***」がヒットするだろう。

今日は近くの公園の池で、カルガモ達を撮ってみた。
紅葉が落ちた枯れ木だらけの池で、少し寂しそうに見えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カルガモ(軽鴨、学名:Anas poecilorhyncha) 

体長は 60cm 前後であり、日本産のカモ類の中では大きい。また全身が茶褐色で、黒と茶の鱗状、尾に近づくほど濃い茶色になる。一見雌雄同色同柄であるが、山階鳥類研究所によれば、雄は下尾筒上部(尾羽の下)が黒く、雌では黒い羽毛に白斑が混ざり薄く見えることで判別できる。

水面採食で、食性は植物食。主に水中の藻などを食べるが、水際に生えたイネ科植物などの実を食べることもある。
ほとんどのカモ類と同様、一夫一妻で毎年つがいを形成する。日本国内では晩春から初夏にかけて繁殖する。抱卵・育雛はメスのみが行う。メスは草地の地上に皿状の巣を作り、平均サイズ45×33mmの白色の卵を10~14個産卵する。卵は抱卵開始から26~28日で孵化し、40~60日ほどで飛行可能になる。
繁殖期前はつがいで行動するが、メスが抱卵・育雛を行っている間、オスはオスだけの群れを形成して生活する。繁殖期が終わり、メスと子のつながりが消失する10月ごろにはオスだけの群れもいったん解消され、その後オスメス合わさった大群を形成して越冬する。
(以上、Wikipediaより)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_20584412.jpg
e0132243_2142759.jpg
e0132243_2144026.jpg
e0132243_2144921.jpg
e0132243_2145867.jpg
e0132243_215836.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-18 21:05 | | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 15日

今年最後の紅葉~東漸寺~

先日、夕方に訪れて紅葉を撮影した松戸市・東漸寺
(以前の日記はこちら"紅葉を訪ねて~東漸寺~"
あの時はまだ本堂境内だけであったが、今日訪れると参道周辺も紅葉の盛りであった。
千葉の紅葉も、すでに終わったところが殆どであるので、これが今年の見納めと思う。
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_2023104.jpg
e0132243_20232456.jpg
e0132243_20235697.jpg
e0132243_2024829.jpg
e0132243_20242058.jpg
e0132243_20243755.jpg
e0132243_20244987.jpg
e0132243_20245968.jpg
e0132243_20251150.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-15 20:25 | 寺社 | Trackback | Comments(10)
2008年 12月 11日

東京藝術大学・赤レンガ1号館

昨日取り上げた「国際こども図書館」に隣接する、芸大・音楽学部にある「赤レンガ1号館」。
これも明治の歴史的建造物である。

=======================================
現在の科学博物館の前身教育博物館書籍閲覧所の書庫として、当時工部省技官だった林忠恕(はやしただひろ)により設計、工部省により施工されました。 現存する数少ないレンガ造建築であり、貴重な文化財といえるものです。(藝大資料より抜粋)
=======================================

以前はモルタルで表面が覆われていたため、ほとんど注意を惹くこともなかった建物のようであるが、2005年に復元・修復工事が行われて、竣工時の赤レンガが日の目を見ることとなった。

鮮やかな色合いの煉瓦と鉄の雨戸の、いかにも明治期を彷彿とさせる貴重な建物である。

伝え聞くところによると、この復元工事は藝大OBの発案によるものだそうである。
貴重な文化財に対して、国の積極的な保護が行き届いていない日本であるが、市井の有志がこのように取り組んでいる例はよく耳にする。

素晴らしい国民ではあるまいか。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_21151067.jpg
e0132243_21152176.jpg
e0132243_2115343.jpg
e0132243_21154238.jpg
e0132243_21155181.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-12-11 21:16 | 建物・街並み | Trackback | Comments(4)