PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 28日

綺麗な水の風景を求めて①~群馬県片品村「菅沼」~

昨日の日記は「水のある風景」で、緑豊かな環境にあれば水面に映る青葉のために水質に関係なく綺麗な水に見えてしまうという風景である。

しかし、個人的に求め続けているのは「透明感のある」「綺麗な」水である。
カメラを始めてから、田舎の水の綺麗さを懐かしんで色々探しているのだが、なかなか見つからないでいる。
そんななかから、いままでの収集情報による「綺麗な水の風景」を不定期にご紹介していきたいと思う。

まだまだ「探索」の途中にあるので、暇を見つけて探してみようと思っている次第であるが、まず手始めに「菅沼」のご紹介としたい。
(なお、4月19日の日記でご紹介した"早春の駒出池~"もそんな池のひとつである。)

「菅沼(すげぬま)」
面積0.63k㎡。白根山の溶岩によるせき止湖。満水時の湖面の標高1731m、湖岸線6.5km。上流から清水沼、弁天沼、北岐沼の三つのくびれを総称して菅沼とよばれている。北岐沼が最も深く63m、金精道路の開通以前は透明度が19mもあって藍色をしていたが、周囲の山や、道路の側溝の水がはいり、現在は透明度が10m前後。ヒメマス・ニジマスが棲息している。
12月上旬から5月上旬まで氷結する。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6

e0132243_20413088.jpg
e0132243_20414534.jpg
e0132243_20415351.jpg
e0132243_2042250.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2009-06-28 20:44 | 風景


<< 戦場ガ原~栃木県日光市~      涼しい風景 >>