PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 15日

凍える朝~千葉市坂月川にて~

どうやら風邪をひいたようだ。
このところ、身体が鈍感になっていたせいか、微熱が続いているのに気がつかなかった。

昨日の朝、目覚めが良かったので早速近くの「坂月川」へでかけた。
寒波寒波とTVで騒いでいた通り、暫く経つとダウンジャケットにトレッキングシューズのいでたちにもかかわらず、足の先まで凍えてしまった。

撮影を途中で切り上げて、自宅まで辿りつくとそのままダウンの仕儀となった。
そのときの写真である。(笑)

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6+MINOLTA AF ZOOM 100-300mm F4.5-5.6 APO
e0132243_2101179.jpg

e0132243_210508.jpg

気温よりも水温が高いので、湯気が立ち上る。
e0132243_2114160.jpg

ムクドリたちも日の出を待ち望んでいたようだ。
e0132243_2122978.jpg

川岸の草も白い
e0132243_213189.jpg

クローズアップレンズで氷の結晶を撮ってみた。
e0132243_213591.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-01-15 21:04 | 風景
2010年 01月 12日

弘前城の雪~青森県弘前市~

築城四百年の今年、初めて弘前城を訪れる機会を得た。

現存する江戸時代以前の築城天守は、ここを含めて全国に12箇所のみである。
その中でも、この弘前城は司馬遼太郎の「街道をゆく」の中で日本七名城のひとつとされ、桜の時季は観光客が押し寄せる。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
「三の丸追手門」[重要文化財]
e0132243_20342816.jpg
e0132243_20343670.jpg
e0132243_2035399.jpg

「二の丸南内門」[重要文化財]と朱塗りの「杉の大橋」
e0132243_20374331.jpg
e0132243_20375114.jpg
e0132243_2038076.jpg

「二の丸未申櫓(ひつじさるのやぐら)」[重要文化財]
e0132243_20412483.jpg

「二の丸辰巳櫓」[重要文化財]
e0132243_20432569.jpg

辰巳櫓の近くで見かけた紅葉の名残り
e0132243_2045354.jpg

「弘前城天守」[重要文化財]
e0132243_20462438.jpg
e0132243_20463683.jpg


暗くなるのを待って、ライトアップされたものも撮ってみた。
「弘前城天守」
e0132243_2155119.jpg

「二の丸南内門」
e0132243_20492318.jpg

「二の丸辰巳櫓」
e0132243_20495599.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-01-12 20:50 | 風景
2010年 01月 10日

十和田湖の雪~青森県十和田市十和田湖畔休屋にて~

八戸市からバスで約3時間かけて十和田湖畔休屋へ到着した。
雪道なのでこれは致し方もないのだが、途中の奥入瀬渓流沿いの眺めを楽しみながらの車中であったので時間的なストレスを感じなかったのはありがたかった。

なお、冬季は旅館・ホテルが休業しているので、写真でご覧いただくように町並みは寂しい。
もっとも、写真目当ての私のようなものにとっては、非常に好ましい環境であった。
ただ、カメラの雪対策は用意していなかったので苦労したことは反省材料である。

今回は移動手段の関係で十和田湖畔・休屋に限定した撮影となった。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
e0132243_20324541.jpg
e0132243_20325380.jpg
e0132243_2033037.jpg
e0132243_20331556.jpg
e0132243_20332266.jpg
e0132243_20332935.jpg
e0132243_20333662.jpg
e0132243_20334517.jpg
e0132243_20335624.jpg
e0132243_2034519.jpg
e0132243_20341563.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-01-10 20:34 | 風景
2010年 01月 09日

東北の雪~青森県八戸市~

毎年、正月は「雪見の旅」を楽しんでいる。
といっても、せいぜい一泊か二泊止まりの急ぎ旅ではあるのだが・・。
生来雪国育ちのせいか、どうしても雪の中で過ごしたくなり、休みのとれる正月と決めている訳なのだ。

今年は、まだ行ったことのない「十和田湖」を目的地と決めた。
勿論、カメラ片手に・・である。

今日から少しの間、その旅行中の写真をご覧にいれたい。
ただ、少し予想以上に雪に降られたために、思ったようなショットが撮れなかったのが心残りである。

今日は途中に立ち寄りした八戸市での雪景色などから数枚。
時節柄、最近話題の「八戸朝市」は開催していなかった。(3月以降からとのこと。)

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
高速道のサービスエリアも青森県に入ると白一色であった。
e0132243_21234220.jpg
e0132243_21243796.jpg

八戸市も朝方の雨が次第に雪となった。
八戸城跡でもある「三八城(みやぎ)公園」
e0132243_21274179.jpg
e0132243_2128279.jpg

「三八城神社」
e0132243_21291359.jpg
e0132243_21292218.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-01-09 21:32 | 風景
2010年 01月 08日

立佞武多(たちねぶた)の館~青森県五所川原市~

皆様新年明けましておめでとうございます。

新年の書き出しは、少し華やかな色合いの被写体で始めたいと思う。
お馴染みのねぶた祭りの山車であるが、これは高さ20Mにも及ぶ最大級のもの。

東北の祭りとして有名な「青森ねぶた(nebuta)祭り」と「弘前ねぷた(neputa)祭り」はいずれも電線などの対策上、5M程度の高さで製作されている。
ここ、五所川原のねぶた(nebuta)は「立佞武多」の名の通り、なんと20Mにも及ぶ高さが驚きである。
勿論、巡行する道路には電線はなく、予め埋設するなどの対策がとられている。

明治・大正期には、その大きさを競い合って製作されていたようであるが、電線などの影響で次第に小型化とならざるを得ず、祭りの規模もそれに伴って縮小されていった。
そして、戦後の2度に及ぶ大火のため街が全焼。
受け継がれてきた設計図なども全て灰塵に帰してしまい、立佞武多はその姿を消してしまう。

ところが、1993年にとある市民の家から当時の設計図と写真が発見されたことを機会に、有志の手で祭りの復活運動が始まり、1998年、80年ぶりで「五所川原立佞武多」が復活することとなる。
以来、「青森三大ねぶた」の一つとして定着している。

今回は、その五所川原たちねぶたの製作・保存の建物である「五所川原・立佞武多の館」を訪れた。

SONY α700 / DT 16-105mm F3.5-5.6
e0132243_21394385.jpg
e0132243_2140786.jpg
e0132243_21401626.jpg
e0132243_21405787.jpg
e0132243_2141661.jpg
e0132243_21411447.jpg
e0132243_21412243.jpg
e0132243_21413029.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2010-01-08 21:41