PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

タグ:PENTAX K20D ( 31 ) タグの人気記事


2008年 11月 19日

横浜・イギリス館

イギリス館は、昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。主屋の1階の南側には西からサンポーチ、客間、食堂が並び、広々としたテラスから芝生の庭につながっています。2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓から庭や港を眺望できます。地下にはワインセラーもあり、東側につく付属屋は使用人の住居として使用されていました。玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸であった由緒を示しています。昭和44(1969)年に横浜市が取得し、1階ホールはコンサートに、2階集会室は会議等に利用されています。また、平成14(2002)年からは2階展示室と復元された寝室を一般公開しています。(HPより)

横浜・山手西洋館のひとつで「横浜市指定文化財」となる「イギリス館」を訪れた。
催しのため貸切の部屋もあり、全ては見ることが出来なかったが、英国的な質実のなかにも美しさのある雰囲気に好感が持てた。
ただ、一般展示範囲が限られており、窓枠などもアルミサッシに取替えられているなどの不満は残る。
しかし、これも港町特有の塩害によるものと思えば止むを得まい。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_20295545.jpg
e0132243_20313149.jpg
e0132243_20303078.jpg
e0132243_20304385.jpg
e0132243_20311387.jpg

e0132243_20321331.jpg
e0132243_20324489.jpg
e0132243_20325747.jpg
e0132243_2033630.jpg
e0132243_20331551.jpg

個人的に照明器具が好きなので、どうしてもその写真が多いのはご容赦願いたい。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-11-19 20:35 | 建物・街並み
2008年 11月 16日

横浜散歩

日曜休みとなり、雨の横浜へ出かけた。
定番の山下公園から元町界隈をカメラ片手に散歩した。

山下公園あたりは、イチョウが既に色付いて見頃である。
雨も小降り状態だったので、いつもより人手は少なく撮影が楽しめた。
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_20575483.jpg
e0132243_2058926.jpg
e0132243_20582167.jpg
e0132243_20583479.jpg
e0132243_20585081.jpg
e0132243_2059116.jpg
e0132243_20592536.jpg
e0132243_20593882.jpg
e0132243_210274.jpg
e0132243_21014100.jpg
e0132243_2102694.jpg
e0132243_21041100.jpg

元町界隈
e0132243_211356.jpg
e0132243_2114779.jpg

久し振りに立ち寄った中華街の混雑は依然としてである。
聞こえる言葉から、アジア系の観光客が多いようだ。
e0132243_2122124.jpg
e0132243_2124475.jpg
e0132243_2125894.jpg
e0132243_2132173.jpg

夕暮れとなると定番のイルミネーションが楽しめる。
e0132243_214509.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-11-16 21:05 | 風景
2008年 11月 05日

酉の市

e0132243_21393616.jpg
今年も酉の市が始まった。
日本一の規模と謂われる、浅草・鷲神社(おおとりじんじゃ)別名おとりさまの酉の市。

今年の酉の市は、11月5日(水)「一の酉」・11月17日(月)「二の酉」・11月29日(土)「三の酉」とのことである。開催時間は各日とも午前0時から午後24時までの終日となる。

東京の仕事が多いため、毎年必ずどの市の日にかはこの賑わいに出会うのだが、寄り道するのは最終日の「二の酉」か「三の酉」と決めていた。
年により11月の酉の日は2回と3回の差があるためである。
やはり最終日は値引きもあり、活気が違うということもある。
各出店の色々な縁起物を飾りつけた熊手(「かっこめ」と呼ぶ)をところ狭しと並べた光景は圧巻である。
買手がつくと売り子達が商売繁盛を祈念して手締めを行う光景も面白い。

一の酉に訪れるのは始めてであるが、他の市の日と変わらず猛烈な人出である。
だが、矢張り商談成立は少ないとみえて、手締めも余り聞こえなかった。

50mmレンズ1本で撮ったので、なかなか賑わいをお伝えできる写真が撮れていないのはご容赦願いたい。
三の酉に乞うご期待である。

PENTAX K20D / M50mm 1:1.4
e0132243_2130416.jpg
e0132243_21313767.jpg
e0132243_21315084.jpg
e0132243_2132618.jpg
e0132243_21324818.jpg
e0132243_21331681.jpg
e0132243_21332942.jpg
e0132243_21335966.jpg
e0132243_21341773.jpg
e0132243_21342927.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-11-05 21:34 | 寺社
2008年 11月 04日

京都の旅・最終編

京都の旅から2週間ちかく過ぎた。
主だったところのご紹介はこの日記に書きだしてしまったのであるが、その他にまだ数箇所回って見物してきた。
「赤山禅院」、「梨木神社」、「松尾大社」なども回ってきたのだが、消化不良のためご紹介に至らない。

今日は、旅行中の写真から未紹介のお気に入りのものをご紹介して京都の旅の締めくくりとしたい。
まだまだ見たいところが残ってしまったので、次回はゆっくりとまた訪れたいと思う。

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
仙洞御所・大宮御所の屋根
e0132243_20541135.jpg

鞍馬寺の紅葉の始まり
e0132243_2057342.jpg

CANON PowerShot G9
京都駅・南北連絡通路にて
e0132243_2058497.jpg

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
嵐山・渡月橋よりの眺め
e0132243_20594867.jpg
e0132243_21097.jpg
e0132243_2102246.jpg

松尾大社・山門の屋根
e0132243_2112055.jpg

桂離宮
e0132243_2115142.jpg

CANON PowerShot G9
祇園・花見小路
e0132243_213446.jpg
e0132243_2134850.jpg

先斗町
e0132243_2132719.jpg

錦天満宮
e0132243_2164195.jpg

京都タワー
e0132243_2171882.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-11-04 21:08
2008年 10月 30日

京都駅ビル

e0132243_18405222.jpg

京都へ来て予想外の収穫だったのは、京都駅ビルである。
そのダイナミックな建築様式に圧倒された。

原広司氏(他に札幌ドームなどがある)の設計による、地上16階・地下3階建ての複合ビルである。
日本の鉄道駅舎としては異例の国際指名コンペで安藤忠雄・黒川紀章・海外著名建築家達を抜いて採用されたこの設計は、第40回建築業協会賞受賞、2001年度ブルネイ賞建築部門激励賞等に輝く。

中央コンコースに立つと、遥か上空にガラス屋根が見える。使用したガラスの総数は4000枚とか。その高さは地上 50m である。

この吹き抜けから東西に階段が設けられ、西側では伊勢丹の1Fから11F、更に屋上まで連なっている。段数171段はエスカレーターも併設されているため苦ではない。
催事の時にはこの階段が椅子代わりにもなるようである。

1Fから見上げると、まさに谷底にいるようなそんな錯覚にとらわれる。
そう、ここは巨大な谷間の構造なのである。
(映画「ガメラ3 邪神覚醒」ではガメラとイリスの決戦の舞台とされたそうである。私はまだ見ていないが。(笑))

<資料参照:Wikipedia/その他>

CANON PowerShot G9
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
1Fより西側屋上を見る
e0132243_1842034.jpg

2Fよりの眺め
e0132243_18424318.jpg
e0132243_15554196.jpg

3Fよりの眺め
e0132243_18432326.jpg
e0132243_18451848.jpg

屋上庭園から
e0132243_1846645.jpg
e0132243_18461858.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-10-30 18:46 | 建物・街並み
2008年 10月 29日

鞍馬寺

今日は「鞍馬寺」のご紹介である。

前の日記の「鞍馬の火祭り」の同日に参拝したものである。
火祭りの由岐神社からケーブルカーで登った。九十九(つづら)折参道を行くよりも時間も体力も必要としない便利なコースである。これは鞍馬寺で設営しているというから驚きである。

時間も遅かったので、登りのみで帰途は歩きと事前に断わりがあった。
2分程度で中腹の終点に到着。あとは2~3分九十九折参道を歩いて「本殿金堂」に参拝した。
山林を背景にした堂々とした、美しい本殿である。

更に登って「義経堂」や「奥の院魔王殿」なども行きたかったのであるが、この本殿からの景色に心を奪われてしまった。

この日は「鞍馬の火祭り」の撮影予定であったので、三脚はどうせ使用できないだろうと持参していなかったのが悔やまれた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
鞍馬寺<Wikipediaより>

鞍馬寺(くらまでら)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にある仏教寺院。宗派はもと天台宗に属したが、1949年以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。開基(創立者)は、鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。本尊は寺では「尊天」と称している。「尊天」とは、毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。

京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名であり、大佛次郎の『鞍馬天狗』でも知られる。新西国十九番札所である。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
CANON PoweShot G9
e0132243_21242746.jpg
e0132243_21251967.jpg
e0132243_2125297.jpg
e0132243_21254095.jpg

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_21261355.jpg
e0132243_21262694.jpg
e0132243_21263678.jpg
e0132243_21264854.jpg
e0132243_2127284.jpg
e0132243_2127152.jpg
e0132243_21272791.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-10-29 21:27 | 風景
2008年 10月 28日

桂離宮・月波楼 Gepparo

昨日の日記の末尾に書いた「月波楼」をご紹介したい。

ここは桂離宮参観コースの終点にあたる古書院のすぐ側に建つ茶亭であるが、個人的に次回もし参観できるならば「ここ」だけで良いと思う場所である。

写真を見ていただけるとお分かりのように、非常に見晴らしの良い部屋である。
紅葉の時季に訪れることができたら、と悔やまれる。

中に入ることは出来ないが、開放してあるために撮影には不満が無い。
ただ、もっと明るいレンズが欲しいと後悔しただけである。
拝観コースのご紹介の一連写真のなかに埋もれてしまうのは惜しいとの勝手な解釈で、本日ご紹介する次第である。
<各写真はクリックで大きく、再クリックで元に戻ります>

PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_20141869.jpg
e0132243_2014443.jpg
e0132243_2014532.jpg
e0132243_2015446.jpg
e0132243_2015145.jpg
e0132243_20152671.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-10-28 20:16 | 風景
2008年 10月 27日

桂離宮 -Katsura Imperial Villa-

前日までの雨が小休止状態となった23日に桂離宮へ出掛けた。
白い雲が厚く垂れ込めて、時折雨粒が落ちてくるが、参観予約の PM2:30 には取り敢えず傘なしでの撮影が可能となった。

「桂離宮」という名前は、おそらく日本人ならば誰もが知っていると思う。
数多くの写真集も発売されているようである。
私如き初心者の写真を改めてお見せするのは心苦しいのであるが、まだここを見ていない方に向けて参考写真としてお見せしたいと思う。

なお、拝観コースの終了近くは PM15:40 頃となったため、腕不足に加えて光量不足の写真はご容赦いただきたい。

今回の参観も前日の「仙洞御所」と同じく、日本人と外国人と丁度半々の顔ぶれであったのは面白い。更に最後まで遅れながら撮り捲っていたのは、私ともう一人は外国の若い女性であった。最後尾の警備の方にはいろいろご迷惑であったようである。
この場を借りてお詫び申し上げたい。
<各写真はクリックすると大きく、再クリックで元に戻ります。>
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
桂離宮
桂離宮(かつらりきゅう)は京都市西京区桂にある、約7ヘクタールの離宮(離宮とは皇居とは別に設けた宮殿の意)。江戸時代初期の造営当初の庭園と建築物を遺しており、当時の(王朝)文化の粋を今に伝えている。回遊式の庭園は日本庭園の傑作とされる。また、建築物のうち書院は書院造を基調に数寄屋風を採り入れている。庭園には茶屋が配されている。もとは桂宮家(八条宮家)の別荘であったが、現在は宮内庁京都事務所により管理されている。
昭和始めにドイツから亡命したブルーノ・タウトが「泣きたくなるほど美しい」と絶賛し、装飾を排した簡素な建築美はモダニズム建築の造形美にも通じるとして評価された。同時代の建築である日光東照宮と対比されることも多い。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
CANON PowerShotG9(主として建物部分に使用)
美幸門 Miyuki-Mon
e0132243_1938250.jpg
e0132243_19382768.jpg
e0132243_1938454.jpg
e0132243_1939952.jpg
e0132243_19392332.jpg
e0132243_19393885.jpg
e0132243_19394985.jpg
e0132243_19395981.jpg
e0132243_1940840.jpg
e0132243_1940213.jpg
e0132243_19403188.jpg
e0132243_19404536.jpg
e0132243_19405514.jpg

松琴亭 Shokintei
e0132243_19424312.jpg
e0132243_1943419.jpg
e0132243_19431611.jpg
e0132243_19432994.jpg
e0132243_19435998.jpg
e0132243_19442265.jpg
e0132243_19444724.jpg
e0132243_1945314.jpg

賞花亭 Shokatei の連子窓
e0132243_19465270.jpg

園林堂 Onrindo
e0132243_19475711.jpg
e0132243_1948188.jpg
e0132243_19483191.jpg
e0132243_19485042.jpg
e0132243_19494874.jpg

笑意軒 Shoiken
e0132243_19512332.jpg
e0132243_19513426.jpg
e0132243_1951483.jpg
e0132243_19515774.jpg
e0132243_19522119.jpg
e0132243_19524176.jpg

新御殿 Shingoten
e0132243_1954170.jpg

中書院 Chushoin
e0132243_19545075.jpg

古書院 Koshoin
e0132243_19554259.jpg
e0132243_1956189.jpg
e0132243_19561179.jpg
e0132243_195620100.jpg


写真枚数が多いので、名所「月波楼」は明日ご紹介としたい。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-10-27 19:59 | 風景
2008年 10月 26日

仙洞御所 Sento-Palace

宮内庁の管理する皇室用財産(国有財産)には「皇居」「京都御所」「仙洞御所」「桂離宮」「修学院離宮」がある。
それぞれが厳重に管理されており、参観許可が必要である。

今回の京都行きは、このうち「仙洞御所」「桂離宮」「修学院離宮」の参観が主たる目的であったのだが、たまたま雨が激しくて「修学院離宮」は別の機会とした。

許可制ということもあり、なかなか見ていない方も多いのではないだろうか。
参観時間もこちらで指定できないのと、ゆっくりと立ち止まりも出来ないため、撮影も最高の条件でという訳にはいかないが、今日は「仙洞御所」のご紹介をしたいと思う。

まだ紅葉前なので残念ではあるが。
<各写真はクリックして大きく見ていただきたい>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
仙洞御所<以下HPより>
仙洞御所は、江戸時代の始め、皇位を退かれた後水尾上皇の御所として建てられました。その後何度か火災と再建が行われましたが、現在は建物はなく庭園が残されています。
 庭園は、二条城二の丸庭園なども手がけた、幕府の作事奉行、小堀遠州が寛永13年(1636年)に作庭し、28年後の寛文4年(1664年)に後水尾上皇が手を加えたものと言われています。回遊式庭園となっており、北池と南池をめぐりながら、季節折々の変化に富んだ風景が楽しめます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
正門の内側から
CANON PowerShot G9
e0132243_1273357.jpg

大宮御所 Omiya-Palace
e0132243_13243173.jpg

御常御殿 Otsune-Goten と南庭
e0132243_13253517.jpg
e0132243_13254845.jpg

北池とその周辺
PENTAX K20D / DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]
e0132243_13295347.jpg
e0132243_1330574.jpg
e0132243_13301744.jpg
e0132243_13304229.jpg
e0132243_13305310.jpg
e0132243_1331530.jpg
e0132243_1332487.jpg
e0132243_1333313.jpg
e0132243_13332082.jpg

南池とその周辺
e0132243_13333290.jpg
e0132243_13334479.jpg
e0132243_13395466.jpg
e0132243_1338377.jpg
e0132243_13381844.jpg
e0132243_13383159.jpg
e0132243_13405650.jpg
e0132243_13411232.jpg
e0132243_13413060.jpg
e0132243_13421810.jpg
e0132243_1342398.jpg
e0132243_13425532.jpg
e0132243_13431353.jpg
e0132243_13442028.jpg
e0132243_13443520.jpg

醒花亭 Seika-Tei
e0132243_13472489.jpg
e0132243_13473514.jpg

柿本社(歌人・柿本人麻呂を祭る)
e0132243_13561178.jpg
 
e0132243_1357722.jpg
 
e0132243_13592420.jpg
e0132243_1359385.jpg

又新亭 Yushin-Tei
e0132243_1421254.jpg
e0132243_1425150.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-10-26 14:03 | 風景
2008年 10月 25日

鞍馬の火祭り

鞍馬の火祭りは「鞍馬寺」の鎮守社である「由岐神社」で毎年10月22日に行われる。
果たして写真は撮れるのか? と危ぶみながらもチャレンジすることとした。

叡山電鉄・鞍馬線で鞍馬駅に到着したのがPM3:30、依然として雨は降り続いている。
天狗の里の異名どおり駅前には天狗の巨大な面が飾られていて、改めて「牛若丸と天狗」の伝説を思い出した。

有名な寺の割りに門前町はこじんまりしている印象を受けた。
ただ、今日に限っては「火祭り」の観光客と警護の警官達でごったがえしているようである。

祭りの始まる時間まで鞍馬寺に参拝した。その写真は別の日にご紹介したい。

以下、鞍馬の火祭りの内容が「京都新聞」web版にあったのでご参考までに。
--------------------------------------------------
午後6時、「神事にまいらっしゃれ」の合図で、各戸にかがり火が灯される。トックリ松明を手にした幼児が、街道一帯を往来した後、小型と中型の松明を担いだ小中高生が加わり、最後に大松明を担いだ若者らが現れる。一行は鞍馬太鼓が打ち鳴らされる中、「サイレヤ、サイリョウ」と囃(はや)し、街道を練り歩く。
 午後8時ごろから、鞍馬寺の山門前の石段に、百数十本もの松明が集まり始める。燃え盛る炎がひしめき、沿道でも熱さを感じるくらいだ。やがて、祭りは最高潮に達し、合図とともに注連縄(しめなわ)が切られると、松明が石段下に集められて焼かれる。
 この後、若者が神輿(みこし)を迎えに石段を駆け上がり、祭りは「渡御」へ。神輿の前で幸神の儀が行われ、参道を下る際に石段を急に降りないよう、女性たちが綱を引く。一方、2人の若者が神輿の担い棒にぶら下がり、逆さ大の字に足を広げる。これは「チョッペン」と呼ばれ、かつて鞍馬の若者はこれを体験し、成人になると言われていた。最後に、神輿は御旅所に戻され、午前0時過ぎに祭りは終わる。
---------------------------------------------------
CANON PowerShot G9
e0132243_21185536.jpg
e0132243_2119532.jpg
e0132243_21191563.jpg
e0132243_21192611.jpg
e0132243_21193610.jpg
e0132243_21194666.jpg
e0132243_21195559.jpg

祭りの撮影は困難を極めた。
専属カメラマンは別として、観光客は立ち止まりが許されていない。
松明の担ぎ手達を遮るように警官達が並んでいる。その上、雨である。
幸い持参したのがMFの旧レンズであったので、壊れて元々とフラッシュなしで撮り捲った。
殆ど没にしたい写真が多いが乞うご容赦。
PENTAX K20D / M50mm F1.4
e0132243_2143541.jpg
e0132243_21441072.jpg
e0132243_21445558.jpg
e0132243_2145938.jpg
e0132243_21452044.jpg
e0132243_214633.jpg
e0132243_21462047.jpg
e0132243_21463172.jpg
e0132243_21464219.jpg
e0132243_21465439.jpg
e0132243_2147859.jpg
e0132243_21472046.jpg
e0132243_2147367.jpg
e0132243_2147488.jpg
e0132243_2148182.jpg
e0132243_21481657.jpg
e0132243_21483053.jpg
e0132243_21484933.jpg
e0132243_2149032.jpg
e0132243_21491340.jpg
e0132243_21493242.jpg
e0132243_21494217.jpg
e0132243_21495269.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2008-10-25 21:51 | 風景