PHOTO DIARY

iga1008.exblog.jp
ブログトップ

タグ:SONY α900 ( 12 ) タグの人気記事


2014年 11月 12日

朝霧の季節

SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD
e0132243_10113098.jpg


朝霧・朝靄の季節となった。

前にご紹介した「竹田城跡」も、再び撮影に赴きたいところであるがなかなか遠い!(涙)
盆地状になった土地でこの霧や靄を楽しめるスポットは多々あるであろうが、ここ「千葉市加曾利貝塚公園」は、側を流れる坂月川流域で発生する朝靄・朝霧が公園全体を包み込む日がある。

この霧や靄は自宅周辺まで及ぶこともあるが、大抵は知らないうちに終わってしまっている。
前日が雨で翌朝は晴れという朝に出かけてみるのが、いまのところの対策である。

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2014-11-12 10:27 | 風景
2013年 04月 03日

Kaleidoscope

旧い写真の編集もようやく2010年度まで辿り着いたこの頃であるが、膨大な量のごみ箱を毎回空にしつつまた新たな編集画像も生産している。
おかげで、ちっともHDの空きが増えない。(涙)

こんな雨の日には、またまた余計な合成写真などに熱を上げる私である。

SONY α700
水面に伸びる枝葉の写真から・・・。
e0132243_1457791.jpg


SONY α900
以前アップしたビルの写真で・・・。
e0132243_14572138.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by iga1008 | 2013-04-03 14:58 | 合成写真
2013年 02月 08日

長崎夜景

昨年の10月に新たに発表された「世界三大夜景」はモナコ・香港・長崎だそうである。
それまでは函館・ナポリ・香港だったようで、函館の落胆はいかばかりかと思われる。

そんな、長崎の夜景を撮ってみたいということも今回の旅の目的であった。
だがしかし、強行軍の九州の旅の最終日ということもあり、疲労困憊の身としては長崎各所からの夜景などを撮影する意欲はほとんど失われていた。
本来ならば「稲佐山」からの夜景が一番と予定していたが、結局「風頭公園」側のホテル展望室からの撮影に終わってしまったことを今頃後悔している次第である。なぜなら、そんなに美しいとは思わなかったから・・・。(涙)

SONY NEX-5N / MINOLTA AF 50mm F1.4+SIGMA AF 19mm F2.8 EX DN
向うに見える丘の上の明かりが稲佐山展望台。
e0132243_2043324.jpg
e0132243_20434369.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2013-02-08 20:47 | 風景
2012年 11月 14日

MONOCHROME

昨日と同じ早朝の公園にて。

SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD
e0132243_1924129.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-11-14 19:24 | 風景
2012年 11月 13日

MONOCHROME

SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD
e0132243_16311520.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-11-13 16:28 | 風景
2012年 11月 09日

朝靄の公園

前回の公園へ未明から出かけたのは、カメラテストのためばかりではなかった。

最近不規則な毎日の流れで眠れぬ夜を過ごしたついでに、たまたま朝靄の発生しそうな気候であったので暗いうちから出かけた次第なのだ。

予想通り、朝靄にお目にかかれたのはラッキーであった。

SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD
出かけたときはこんな暗さ。
e0132243_2019456.jpg

朝日が昇ると同時に靄も濃くなり始めた。
e0132243_20205054.jpg
e0132243_2021720.jpg
e0132243_20213217.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-11-09 20:23 | 風景
2012年 10月 16日

外房の旅~守谷海岸~

千葉・外房の海には随所に鳥居がある。

荒波の鎮静祈願のためであろうが、被写体としてもなかなか興味が尽きない。

特に、ここ千葉県勝浦市「守谷海岸」の鳥居のある「渡島(わたしま)」は、年にほんの20回程度、干潮時に手前の砂浜と島が歩いて渡ることができるほどの道(といっても岩礁であるが)ができることで有名だ。

ただし、いつなのか?は予測がつかないので、余程の余裕がない限りは撮影は難しいのではと思われる。

SONY α900 / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5 D+AF ZOOM 100-300mm F4.5-5.6 APO
e0132243_22203592.jpg

渡島全景
e0132243_2221550.jpg

更に寄ってスローシャッターで
e0132243_22221841.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-10-16 22:22 | 風景
2012年 10月 13日

外房の旅~御宿~

久し振りで外房の御宿(おんじゅく)まででかけてみた。

TVで伊勢海老の安売りなど、いろいろイベントが紹介されたせいもあって、なんとなく出かけてみたくなったのである。
最近はJRのフリー乗車券など種々発売されていて、安価に乗り降り自由の旅ができる。

ずいぶん昔に見た「月の沙漠」(「砂漠」ではないことを今回発見)の像も思いがけず大きかったなど、記憶も大分薄れていたようだ。
童謡で有名なので、観光客は相変わらず訪れている。

この日は天候もよく、青い海はサーファーの煮込み料理かとおもうほどの具沢山であった。(笑)
今は寒暖の関係がなく静かな海を眺める機会が減ったことは嘆かわしいことだ。

SONY α900 / AF ZOOM 24-105mm 1:3.5(22)-4.5 D+SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG
e0132243_22563461.jpg

少しリアリスティックに・・・。
e0132243_22564972.jpg

海はそんなわけであまり撮っていない。かわりにちょっと遊んでみた。
e0132243_22584464.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-10-13 22:58 | 風景
2012年 10月 11日

鹿島神宮~茨城県鹿嶋市~

月曜日の祝日に銚子の犬吠埼まででかけようとして、電車に遅れてしまい、次にホームに入ってきたのが「鹿島神宮行き」であった。
よく言えば臨機応変の私は(悪く言えばいい加減?)、「ええいままよ!」と空席の目立つ車両に乗り込んだのである。

鹿島にも海はあるさ、といった塩梅である。
もちろん、海はある。鹿島灘という広大でかつなだらかな砂浜を持ち、波荒くサーファーの集まる海である。
だが、電車ででかけるのは初めてなので一抹の不安を抱きつつ、2時間ほどかけて鹿島神宮駅に着いた。

「鹿島神宮駅」-kioskも無く、ひとけの無い駅舎が印象である。JR鹿島線の駅であるが、SUICAは使えない。発駅でSUICAを使用して乗車した場合は、この駅で発駅からの現金を支払わなくてはならない。
e0132243_22581371.jpg

駅前。祝日のお昼少し前の時間帯であるが、まるで人がいない。右手に観光案内所があるのが救いである。
e0132243_230843.jpg

バスの時間表を見ると2時間に1本程度なので、海は後回しとしてとりあえず歩いて5分の「鹿島神宮」へ行くこととした。これも「臨機応変」である。(笑)
さすがにここは人がいる。
e0132243_2344024.jpg

「楼門」-神社の入り口には「鳥居」が常であるが、ここの第一鳥居は海のそばにあり、駅からの参拝者はこの楼門が初めの入り口となる。なんでも「日本三大楼門」のひとつだそうな。「楼門」自体は二階建ての門という意味であるが、さらに屋根が各階にあるものを「二重門」と呼ぶそうである。一概に「山門」とは言わない。なぜなら「山門」は寺に付属するもののようだからだ。(寺は「○○山○○寺」と呼ぶならわしからきている。因みにここの神社の正式名は「常陸国一之宮鹿島神宮」である。)では、「楼門」はどうか。これは寺でも神社でも同じく建てられている門の種類の呼称である。屁理屈好きな私から言わせると、「山門」(寺)に対する神社の門の呼称は無いのか?と・・・・・。どなたか教えてください。(笑)
e0132243_23301262.jpg

「社殿」
e0132243_2331527.jpg

NHKBSの「塚原卜伝」の撮影にも使われた「奥参道」
e0132243_23303895.jpg

「奥宮」
e0132243_23331930.jpg

「御手洗池(みたらしのいけ)」-だれが入っても同じ深さの池と言い伝えられ、大人が入っても子供が入っても乳を越えないそうである。
e0132243_23373685.jpg


今回は長々と余計な独り言を書き込んでしまい、陳謝!
結局、この日は海へは行かなかった。(ブツブツ・・・・。)

SONY α900 / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5 D

※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-10-11 23:45 | 建物・街並み
2012年 10月 07日

日本橋

秋葉原から歩いて東京駅までたどる途中で日本橋を撮ってみた。

いままで何度となく通り過ぎてきているが、カメラ目的で立ち寄りしたのは初めてである。

橋自体は高架の下となっており、撮影にもあまり意欲がわかなかったけれど、随所にある塑像がとても迫力があって楽しい。

◎「日本橋」-お江戸日本橋と謳われるとおり東海道五十三次の始発とされる橋。現在の橋は本来の木造橋を石造りとして明治44(1911)年に完成したもの。
(平成11(1999)年には国の重要文化財にも指定)
麒麟や獅子といった装飾はブロンズ製であり、彫刻家の渡辺長男(朝倉文夫の兄)が製作した。


SONY α900 / TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD
麒麟(きりん)像。もちろん架空の動物である。
e0132243_16593472.jpg

e0132243_16592667.jpg


※各画像はクリックで拡大、再クリックで元に戻ります。
にほんブログ村 写真ブログへ

写真素材 PIXTA
[PR]

by iga1008 | 2012-10-07 17:00 | 建物・街並み